モンゴル北部のゴビ砂漠の地下に生息し、人や動物を一瞬のうちに死に至らしめる巨大なイモムシともミミズともつかない奇怪な生物『モンゴリアンデスワーム』
unnamed (81)

体長50cm~1.5m、太さは人間の腕ほど。
体色は赤や赤茶、茶褐色で、黒い斑点があり、眼や鼻は見当たらない。

現地の人々はこの怪物の形態が牛の腸にも似ていることから、「オルゴイコルコイ(腸虫)」と呼んでいる。
モンゴリアンデスワームの性質は極めて凶暴で攻撃的であり、近づくものには毒を撒き散らし、放電して感電死させるという。

モンゴリアンデスワームの目撃情報。
1800年代初頭、ロシア人研究チームによってその存在が確認された。
現地ではこれまで数百人が、その毒によって殺されたと言われ、目撃者や犠牲者は後を絶たないものの、その存在は謎に包まれている。 

伝えられている話では、モンゴリアンデスワームは数メートル先から獲物に飛びかかり、口から猛毒の蒸気のようなものを発し、感電に似た衝撃を与えて、家畜や人を殺すと言われている。
危険極まりないこの怪物はゴビ砂漠の最南部の砂丘や谷間に穴を掘り、その内部に潜んでいるという。

そして、最も暑い6~7月の雨期の間のみ出現するという。
帝政ロシアの科学者によって発見されたデスワームの存在は、第二次世界大戦後も長期間、隠匿されてきたが、1991年に旧ソ連の崩壊によって、初めて情報が国外に流出することとなった。

それ以降、外国人がモンゴル入りができるようになり、やがてその実態の調査も可能になったのだ・・・。

1990年と1992年にチェコの動物学者によって実際に現地調査が行われた。
学者は現地で聞き込み調査を行なった結果、モンゴリアンデスワームは実在すると確信したという。
聞き込み調査の情報によると、モンゴリアンデスワームは体を上下左右にくねらせ、時には滑るなど、なんとも奇怪な動きをし、なぜか黄色い物に反応するという。
攻撃の際は、体を半分ほどのぞかせて飛び出し、その際口元に気泡のようなものができ、それが大きくなって破裂し、黄色い猛毒を撒き散らし触れるものを皆殺しにする。



学者が聴取した目撃談の一例。
●馬に乗っていた男がデスワームとおぼしきものを発見し、何を思ったか手に持っていた棒でデスワームを突っついた。
すると、棒の先が緑に変色し、馬も男も死んだという・・・。

●デスワームの死骸を発見したとある男が、死骸を鉄板に乗せたところ、鉄板が緑に変色した。
さらに死骸をフェルトで三重に包んだところ、布地も緑色に変化し、死骸は鞣し革のように縮んだという・・・。



死骸を見つけた男がいるのにも関わらず、『トカゲの一種』『コブラの一種』『陸棲へと進化したデンキウナギ』など、あらゆる説が唱えられているが、どれも有力な説ではなく、依然として正体は謎のままであるという・・・。
何がなんだかわからないが、凶暴で極めて危険という事だけは分かったのであった・・・。


オススメサイト新着記事