知り合いにHさんという人がいる。
unnamed (25)

Hさんは会社をすでに退職した身で、退職した後で少し体を悪くしてしまった。
それ以来、医者のすすめで、家の周辺を毎夕、散歩することにしているらしい。
Hさんの家は、山の手の閑静なところにあり、近所付き合いもあまりなく、周囲を出歩く事もすくなかったHさんは、やっと今になって、自分の住んでいるところを見て周る機会に恵まれたという。
そんなHさんが、ある話をしてくれた。

ある日の夕方、Hさんはいつも通りに家の周囲を散歩していたのだが、今日に限って少し遠出をしてみることにしたという。
家から少し離れたところに神社があり、そこへ寄ってみたのだ。
神社の奥にはうっそうとした森があり、Hさんはそこへ足を踏み入れた。
木々の間から光が差し込み、ひぐらしの鳴き声があたりに響く。
森の中はひんやりしていてとても素晴らしい場所であったらしい。

「はじめて来たけど、いい場所だなあ。もっと早くに来ていれば良かったなあ」
Hさんはそう思い、さらに奥へと足をのばすと、突然、目の前が急に開けたらしい。

深い緑色の水がそこにあった。

そこは溜め池だったらしい。
それにしても、大きな池であったらしいのだが。
周囲に木がおい茂り、池の中も水草でいっぱいであり、魚も多くいそうだった。
Hさんは、自分が釣りの趣味があればよかった、などと思いながら、池の周囲を散策していた。
スーッと、Hさんの目の前をトンボが飛んでいった時、

ボチャン

水音がしたそうだ。
Hさんが首をまわすと、岸から4~5mくらい離れた所の水面に大きな波紋が広がっていくところだった。
「魚でもはねたのか?」そう思ったHさんの目の前に、突然、「それ」が浮かび上がったらしい。

「ボール・・・?」
Hさんははじめそう思ったそうだ。
それは灰色のぐちゃぐちゃしたボールに見えなくもなかった。
ちょうど、サッカーボールくらいの大きさだったらしい。
誰かが池にボールを落として、それがガスが抜けて、浮かび上がってきた…
Hさんはそう考えたそうだが、それにしてはボールがおかしい。
ボールの表面に、血管のような網膜模様がはしり、黒い二つのビーダマのような穴があって、こっちを見ている。
それはまるで目玉のように見える…
魚臭い匂いがあたりに漂ってきた…

そのとき、「キキキキキキキキ…」突然ヒグラシの大合唱がはじまり、森はその声に包まれた。
Hさんの注意はその瞬間、森へと向けられた。
そして、ハッとした彼が、池に視線を戻すと、そこには緑色の水が広がっているだけだった…

Hさんが言うには、「それ」は、マネキン人形の頭部のようだった、というらしい。
髪の毛も何も無いマネキンそっくりだった、と。
もっとも、普通、池の中にマネキン人形などがあるはずがない。

Hさんは、現在も変わらず散歩を続けているが、依然とはそのコースが微妙に違うという。


オススメサイト新着記事