先日、ケイさんが病院の事情により二、三日ほど名古屋に滞在することになった。
Horror Cam Pic

動物嫌いのケイさんは猫がいる俺の部屋ではなく、同期の松田の部屋に泊まることになった。
もちろん俺も遊びに行き、三人で酒を飲んで騒いでいた。
そんなとき、何かの拍子にジジコンな松田の今は亡きお祖父ちゃんの話になった。
お祖父ちゃんは松田に甘かったらしく、誕生日にレゴのセット(当時は割りと高級品)を買ってくれたそうだ。

「でもさあ、全部弟に壊されちゃって残ったのはこの人形だけなんだよね」

と、松田は工場の人のような人形を見せて来た。
その人形を片手にお祖父ちゃんの思い出を語る松田を見て、俺はよからぬイタズラを考えてしまった。
今思えばほんとに最低だったと思うが、普段から奴にからかわれているので仕返しがしたかったのだと思う。

しばらくしてケイさんがトイレに立ち、酔いつぶれて松田が寝てしまったのを見計らって俺は人形をコッソリ懐に入れた。
そして帰ってきたケイさんに松田を押しつけて部屋を出ると、松田の部屋のドアの前に人形を置いておいた。
俺と松田の部屋は寮の最上階だから誰かが通りかかって拾う心配もなかったし、単純な松田は「お祖父ちゃんの霊があいにきた」と思うだろうと思って。

そして次の日、職場で会うなり松田は案の定嬉しそうに「お祖父ちゃんが来てくれた」と言って来た。
まんまと引っ掛かったらしい。
あまりに嬉しそうな様子に、途端にものすごく罪悪感が沸いて、何もかも話して謝りたくなった。
が、さらに松田を傷つけてしまうのも怖かったので黙っていた。
イタズラなんかするもんじゃないと心底思った。

それから何事もなく数週間が過ぎたある日、仕事を終えて寮に帰ると松田の部屋のドアの前に何かが落ちていた。
何気なくそれを見て、俺は背筋が凍り付くのを感じた。

それは、あの人形だった。
いや、人形の「足」だった。

頭や胴体は無く、ご丁寧に足の部分だけがちょこんと並べられていた。
もちろん、今度は俺のイタズラなんかじゃない。

「カズ!!!!!カズ!!!!開けろ!!!!」

無性に怖くなった俺はドアを叩いて松田を呼んだ。
すると松田はひょっこりと顔を出し、俺と人形の足を見つけると

「あ!!今日も来てる!!」

と嬉しそうに笑った。
訳がわからなくてどういうことだと問詰める俺に、松田はいつもの調子で言った。

「なんかさ、毎週毎週置いてあるんだよな。先週は右手、その前は胴体だったし。一番初めはカンペキな状態で置いてあったんだけど、その後また無くなってからはなあ。」

と松田は言った。
一番初めってのは俺がイタズラしたときのことだ。
じゃあ、その後のは…

俺はほんとに怖くなって、適当に松田を誤魔化して自室に戻ると即座に電話を掛けた。
もちろんあのひとに、全てを話す為に。
そしてあわよくば助けてもらいたくて。

「…なんだ」

相変わらず不機嫌そうな声で電話に出たケイさんに俺は全てを話した。
イタズラをしてしまったこと、そしてその「イタズラ」がまだ続いていること。

「やっぱりな」

怒鳴られるかと思ったがケイさんは冷静に、しかしあきれたように言った。

「あの飲み会の日から松田の頭に薄紫のモヤみてぇのが見えてな。そうそうヤバイもんでもなさそうだから放っといたが、決してイイモンでもねえぞ」

どうしたらいいですか、との問いに

「テメェが撒いた種だろが。別にお前が死ぬわけじゃねぇし放っとけ」

と答えるとケイさんはさっさと電話を切ってしまった。
実際何ができるわけでもなく、俺は心の中で松田に土下座しながら、松田の無事を必死に祈った。

それから数日して、たまたま松田と夜勤になった日。
罪悪感からあまり喋ることができなかった俺に、松田が話し掛けてきた。

「人形さ、もう置かれなくなったよ」

笑顔で言う松田に安堵した。
良かった、やっぱりなんでも無かったんだ。
そう思った。



が。
「でもさ、なんでかな」



「 あ た ま だ け 置 か れ て な い ん だ よ ね ? 」



首をかしげる松田に、俺は心底恐怖した。
松田自身は「頭は大事な部分だからお祖父ちゃんが守ってくれてるんだ」などとほざいていたが、その直後にエレベーターのドアに頭をぶつけていることからしてどうしてもそうは思えなかった。
しかも松田は今も頭のないその人形で時々仕事中に遊んでいる。
その姿が一番怖い。
取りあえず二度とイタズラなんかしないと誓った。 


オススメサイト新着記事