私の友人のマジ話をひとつ。
unnamed (1)

友人A君はカヌー部だったんですが、川で早朝練習する前に浮いてるゴミを 
ボランティアで清掃する決まりがあったそうです。

ある日、清掃していたら橋の上からおばさんが、向こう岸に大きなゴミが浮いてるとのこと。

スイーッとカヌーで近寄ったら…
子供の水死体でした。 

かなり長い間漂われていたようで、一目ではそれと分からんくらい酷かったとか。
 
こみ上げたA君は思わず上体を横にずらして川にリバースしたんですが、よほどパニくっていたのかバランスを崩してカヌーが転覆。
 
自分の吐瀉物と目前にフローターが浮かんでる川の水をたらふく飲み込み、ほんとに死ぬかと思ったそうです。 

結局、近くにいた他の部員に無事救助されましたが、 
「水中で吐いたら自分の下呂でおぼれる事になる。勉強になった。」 
それからA君はプチ水恐怖症になり、カヌー部でも記録係になりました。 

ここまではA君のドジ話。
不思議なのはそのとき他の部員の誰もおばさんの存在に気づいてなかったんですよ。
部員20人位いたんですが…


オススメサイト新着記事