「うわ!」
連れの昭二が突然声を上げた。
unnamed

「な、なんや、急に・・・」オレは驚いて立ち止まった。
バイトの帰り、大通りの交差点に差し掛かったところだった。

「あれ、あそこンとこ。見えへんか。」
そう言って交差点の反対側の方を指差す。

コイツまたか、と思った。
昭二は霊感が強いらしくて、何やかんやで良く「見える」。

しかし、一緒にいるオレには「見え」ないし、何も感じられない。
この時も同じだった。

「あっ!アカン、アカン!あれはヤバいわ。はよ行こ。」
とまどうオレをしり目に、勝手に状況に見切りを付け、昭二はどんどん先に進んで行く。

早足で追い付くと、オレは尋ねた。

「なんやねんな、なにが見えたんや。」
「・・・車道の真ん中に人が倒れてたんや。せやけど、クルマは止まらんとバンバン走ってて、ソイツを通り抜けたりしてる。よお見たらソイツ上半身だけなんや。」
「それ、下半身が消えてるってことか?」
「うーん、千切れてるって感じやったな。それで、じーっと見てたら目が合うてしもて・・・」
「それ、ヤバいんか?」
「ヤバいヤバい。憑かれるかもしれん。」
「マジでか~、どーすんねん、ソレ・・」
「はよ離れる方がエエねん。行こ行こ。」

オレたちは早足で地下鉄の入り口へ向かった。

駅前でメシを食ったあと、昭二が自分の部屋に帰るのは怖い、と言い張ったため、二人で近くの居酒屋に飲みに行った。

「・・大丈夫やて、もう大分時間たってるやん。」
いつまでも部屋に戻りたがらない昭二を、オレは飲み屋で説得していた。
明日も朝からバイトがあるからだ。

「まあ、電車で動いたしなぁ。憑いてる感じはないし、大丈夫とは思うねんけど・・」

そうやってグズグズ言っている昭二に店の勘定を渡し、逃げるように帰ったオレが、自分の部屋に戻ったのは11時を過ぎていた。
疲れ切っていたので、風呂へも入らず真っ直ぐ布団へ・・

と、その時、電話が鳴った。
ナンバーを見ると昭二だった。

「もしもし。」
「ああ、俺。あのなぁ、やっぱり部屋の周りがイヤ~な感じで、ホンマ怖いねん・・」
「ぁあ?(怒)」
「どうしたらエエと思う?」
「知るか、ボケェ!」

叩きつけるように電話を切った。
しばらくするとまた電話が鳴ったが、放っておくと10コールぐらいで切れた。

ようやく寝入ったところで、今度は携帯にかかってきた。
無視しようか迷ったが、一応出た。

「はい。」
「・・・。」
「もしもし?昭二??」
「・・・・・・。」
「明日も早いんできるで?」
「・・・これから、そっちへ行く・・・」

いきなり切れた。
履歴を見ると、やっぱり昭二だった。

時刻は0時過ぎ。
電車はもうない。

あいつは原チャリしか持っていないのにこのクソ寒い中、本当に来るのか?
眠くてしょうがなかったので、どうでもよくなって、寝直した。

それでも気になっていたのか、その物音がした時には、うっすらと目が覚めた。
自分の部屋のすぐ横にある階段を上る音。

ああ、あいつマジで来やがった。
そう思って時計を見た。
4時30分。

何考えてるんや・・・
心の底からうんざりして、布団を出た。

昭二はまだ階段を上がっている。
2階のオレの部屋まで異常にゆっくりとしたスピードで。
原チャでコケて怪我でもしたのか?

少し心配になったオレは部屋のドアを開け、右手にある階段の方を見た。
階段は部屋の前の通路と直角になっていて、ドアからは見えない。



ズッ・・・ぺタン・・ズズッ・・・



ゆっくりとした音が階段の方から聞こえてくる。
階段を上がる靴の音ではない。
何か重いものを引きずるような音・・・?

急に悪寒がした。
階段を上がっているのは・・・本当に昭二なのか?



ぺタン・・・ズズッ・・・ズッ・・



音が近づいてくる。
・・・そうか。
腕だけで体を引っ張り上げるとこんな音が・・・

オレは部屋の中に入るのも忘れて、階段を登りきった角の所を見つめていた。



ズズッ・・ズッ・・ぺタン。



通路の床の上、ゆっくりとした動作で白い手が現れるのが見えた。
オレは勢いよくドアを閉め、震える手でカギをかけると、布団を頭からかぶった。

耳を澄ます。



・・・ズズッ。



音は部屋の前で止まったようだった。
オレはお経を知らなかったので、布団の中で、来るなっ来るなっ、とだけ念じていた。

どれくらいの時間そうしていたのか。
やがて、そっと開けた布団の隙間から、外が白んでいるのが見えた。
と、ドアの新聞受けが、カタン、と軽い音をさせた。
新聞屋が来た!オレは涙が出そうなくらい安堵した。
ありがとう!ありがとう!朝刊だけでも取っていてよかった!本当にそう思った。



ズル・・ドサッ



玄関の方で、重い肉が落ちるような音がした。
え?新聞じゃない・・・?

入って来た!入って来た!入って来やがった!
オレは気が狂いそうになった。

なんで、あんな細い隙間から入ってくるんだ!と憤ってみたが、どうしようもない。

布団をかぶり直し、ブルブルと震えるしかなかった。



ズ・・・ズル・・・



何かが床の上を這っている。
昭二の馬鹿野郎!
泣きながら罵ってみた。



ズズ・・・ズル・・・



音が近づいてくる。
昭二ゴメン!オレがあの時帰らなかったら・・・
その先のことは考えず、ひたすら昭二に謝ってみた。
だから、神様、助けて!助けて!

布団の端がめくれ上がるのがわかった。
生臭い臭い。
そして、何ものかの気配が目の前に・・

あかん!今、目開いたらアカン!
そう言い聞かせながらも、つい目を開けてしまった・・・

見えたのは、ボンヤリと赤っぽい色、それが視界一杯に拡がっている。

なんだ・・?
そう思った瞬間、ピントが合った。

目の前3センチのところに、髪の毛と肉と黄色い脂がグチャグチャに入り交じった昭二の顔があった。


オススメサイト新着記事