大学生時代、学校の近くのアパートに一人暮らししてる友人(仮にSする)は、俗に言う「霊感の強い奴」だった。
Horror Cam Pic (3)

元々俺は幽霊話・怪談話は好きだったが、あまり「霊を見る」事は無かったと思う。
ところがSと付き合い始めてから、そいつの影響か、よく「霊体験」をする様になった。

俺はその頃Sと本当に仲が良く、家に帰らずにSの家に何日も泊りっぱなしという事も珍しくなかった。

あれは確か、7月の半ば位だったか。
俺の所属するクラスの殆どの皆が課題を期限内に完成させる事が出来なかったので、他の科の奴等は夏休みに入っているにも関わらず、登校して作品制作に精を出していた。(美大だった為)

その日も帰りが遅くなった事もあり、家に帰るのがかったるくなってしまったので、Sの部屋に泊めてもらう事にした。

工房内にエアコン等ある訳も無いので体中汗臭く、またFRPを使っている為に作業服を脱いでも体のあちこちにガラス繊維が付いているので、チクチクして仕方がない。

俺はシャワーを浴びさせてもらう事にした。
先にシャワーを浴び終えたSは、

「ちょっと用があるから出掛けてくる。シャワー浴びてて良いよ。」

と言って出て行ってしまった。

ようやくこの不快感から脱出できる・・!
人の家にも関わらず、着ていた服を適当に脱ぎ捨て風呂場に入った。
こういう時のシャワー程気持ちの良い物は無い。
昇天するかの様な気持ちの良さを満喫しながら、髪を洗い始めた。

その風呂場には小さい椅子が置いてあって、それに座り、下を向く感じで髪を洗っていたのだが、なんとなく違和感を感じた。



・・・人の気配?



視界には自分の膝、そして爪先・・・と入って来るのだが、その先にもう一つ(いや、1セットと言うべきか)ある。
俺が入った時は、(当たり前だが)先客は中にいなかった。

小さい。
男の足では無い。
女か?

しかも薄~い土色というか、生気の無い色をしている。
作り物の様だ。
・・・で、爪先はこちらを向いている。

一瞬、パニくりそうになったが、Sが言っていた事を思い出した。

「向こうに、こっちが(向こうの存在に)気付いてる事を悟られては駄目だ。」

その場が風呂場とは思えない程全身を寒気が包み、泣きそうになるのを堪え、目を閉じ、必死で気付かないフリをして髪を洗い続けた。

不意に、その「足」の方から声が聞こえてきた。
こもっていると言うか、丁度隣の部屋のテレビの音が聞こえる様な感じで。
何を言っているかは聞き取れない。
会話の様に聞こえたと思う。

時間の感覚は既に無い。
その「物体」は永遠と俺の前で会話らしき物を続け、俺は髪を洗い続けている。

その時だ。
ふと「会話」が止んだかと思うと、その「物体」は『バタン!!』と物凄い勢いで風呂場の扉を開け、『ドン!ドン!ドン!』とアパート中に響き渡る程の大きな足音を立てて走り、『ガラララ、バン!!』とまたも物凄い勢いでベランダのドアを開けて出ていった。

俺はもうその場にいる事が出来ず、シャンプーも流さずにズボンだけ履いて外へ逃げ出て、Sが帰ってくるまでアパートの門で震えながら座り込んでいた。


オススメサイト新着記事