古い寺の跡がある山に登った時の話。
unnamed

山道歩いてて、道端に仔猫のきれいな死骸を見つけたんだけど、夕暮れに下山するときにはもう内臓とかグチャグチャになってた。

鳥や獣に食い荒らされたんだなぁと思い、手を合わせた途端に山上の寺の鐘がいきなりガンガンガンガンガンとありえない速さで連打されて鳴り響いた。

僕は無性に恐ろしくなって逃げるように下山した。
多分どこかの馬鹿がいたずらで鳴らしたんだろうけど、タイミング悪すぎ。

駅に着く頃にはもう日が落ちていて、電車のシートに座ってやっと安心できた。

で、動き始めた電車の窓から山の方角を見て思い出した。

確かに寺の跡はあったけど、もう廃墟になっていて、鐘は取り外されていたのだ…


オススメサイト新着記事