メトロ2は1930年代にスターリンが作り上げた秘密の地下鉄ネットワークの通称である。
Horror Cam Pic

この地下鉄ネットワークは当時のソビエト警察が極秘裏に素早く移動するように作られた。

この地下鉄道はスターリンの官邸、国防省、大手銀行と軍用基地等を繋いでいた。
ところがスターリンの死後、今日に至るまでこの地下鉄ネットワークがどうなっているのか誰も分かっていない。

この地下鉄ネットワークは移動としての用途だけではなく、核攻撃の為に作られたと言われており、ある説ではモスクワのラメンキの下には30万が暮らせるだけの核シェルターがあり、そこにはしっかりと整備されたソビエト連邦の司令基地があると言われている。

またある説では、更に大きな核攻撃を受けた場合に備え、ソビエト連邦のリーダーたちが早急に逃げる為に作られた長距離移動用の道もあると言われている。

また別の説では、このトンネルのもう一つの用途として、核汚染を受けた際、被ばくせずに物資を運搬する為に作られたとも言われている。

メトロ2へと繋ぐトンネルは1960年代、クレムリン近くの「ロシア・ホテル」が取り壊された際に発見された。

トンネルは「D6」と命名されており、これはKGBがメトロ2に付けたコードネームだと言われており、当時の好奇心旺盛な人々はこの閉ざされたトンネルの奥に行こうと躍起になっていたようだ。


オススメサイト新着記事