unnamed

僕は今高校一年生で、
A県で県と同じ名前の私立高校に通っています。

現在、僕はおじいさんの家で、
家族と共におじいさんと同居してるんですが、
中学の頃はおじいさんとは
県五つ分ほど離れて暮らしていました。


中学2年生も終わりかけ・・・・
ちょうど今月辺りですかね。
学校にも大分慣れ、友達もたくさんできて、
幸福なスクールライフを送っていました。

ある日、家に帰ると平日なのに玄関に父さんの靴があって、
早帰りなのかな?とか思っていると、
母さんがリビングから玄関に出てきました。


「アンタ!おばあちゃん亡くなったから、
荷物まとめるのと通夜の準備しなさい!」


僕は唖然としました。
実はウチの家族はおじいさん達と
おじいさん夫婦のどちらかが死んだら、
残った祖父母のどちらかと、
おじいさんの家で同居するという約束がありました。
父さんにとっては、
父さんの経営している会社が近くなって嬉しいだろうし、
母さんにとっては、
おじいさんの家は今住んでいる家より広いから、
この家に未練はないんだろうけど、
僕にはせっかくできた友達がたくさんいる。
こんな時に何で死んだんだろう。
僕は多少怨みにも似た感情を抱きながら、
渋々引越しの準備をしていました。


そんなこんなで通夜へ行く道中、
僕はムスッとした顔で新幹線の座席に座っていました。
夜なので、


「もうすぐA県だわね」
「あっそ」


俺は母さんへの返事も無愛想だった。
このとき僕は、凄く怒ってたと思う。


「何でばあちゃん死んだの?」


僕はふと父さんに聞いた。
入院もしてなかったし、
別に体に悪いところがあるなんて話も聞いたことが無かった。
父さんは何か言ってたと思ったけど、
詳しくは忘れた。

通夜は家でやっていた。
おじいさんの家は予想以上に大きかったけど、
予想以上に古かった。


「古いんだねー」


歴史のある家に少し憧れを抱いていた僕は、
ちょっと機嫌が良くなっていた。


「ああ、何てったって、
第二次世界大戦をやる前からあった古い家だからね。
それに父さん(祖父)は元々呉服屋をやっていて、
俺が今やっている会社も、
父さんのやっていた呉服屋が基盤なんだ」


確かこんなことを言ってたと思う。


日本庭園を歩いて玄関までつくと、
まあ通夜だなーって分かる感じになってた。
家の中に入ると、
古い白黒映画の世界に入ったみたいだった。
床も柱も木製で、僕はその雰囲気に少し興奮してた。

家の構造は大きなコの字になってる廊下に、
部屋がポンポンポンとついてて、
離れと蔵が離れた所にある感じ。


大きな部屋で通夜をしていました。
ふすまを開けるとたくさんの人がいて、
僕は少し戸惑いました。
あったことも無いような人ばかりです。
説明していませんでしたが僕はおじいさんとは、
産まれた時と3~4歳の頃にあっただけだったのです。
ほぼ初対面で顔も覚えてなかったので、
会うときは凄く緊張しました。


「こんばんは、k(僕)です」


こういう場の挨拶なんて知らないんで、
取り敢えず自己紹介をしました。
おじいさんは泣きはしていませんでしたが、
少し暗い表情でした。
僕の声を聞いたのか、笑顔を作りながら


「おおー、kか!長いこと会わんかったな~・・・!!!!」


突然おじいさんは、
僕の顔を見るとビックリした表情で
固まってしまいました。


「おじいちゃん?どうしたの?」
「い・・・いや、何でもないよ・・・ガハハハハハッ」


おじいさんは動揺を隠し切れずに、
笑いながら部屋を出て行ってしまった。


「何なんだろう・・?」


僕は不審に思ったけど、
馴染んでないだけあって深追いはせずにいた。

引越しまで話を飛ばしますけど、
引っ越した後はそれなりに雰囲気を楽しんでました。
ただ学校には馴染めず、
クラブ活動にも参加してませんでした。
なので学校ではいつも孤独で、
学校が終わったらすぐに家に帰って、
家の中を探検していました。

ある日。
僕は家の中でも探検しがいのありそうだった蔵に侵入しました。
中は採光のための窓のおかげで、
大体の物は見えたんですが、
一部見えないものがあったので、
懐中電灯を使っていました。
中には呉服屋だった面影か、
古めかしい反物や布、
機織り機(多分違う)のような機械が、
きれいに置かれていました。


僕がそれらを眺めていると、
ズテンッ!と下に落ちてしまいました。


「え?下!?」


僕は焦りましたが状況を確認すると、
床に階段があって、
棚の上の置物に夢中だった僕が、
勝手に階段を踏み違えただけでした。


「ビックリしたなぁ・・・。
だけど地下もあるのかぁ」


階段は木で出来ていて、
乗るとミシミシと音がします。
下は暗く、いかにも幽霊とかいますよ~っと
無言で語っているようだった。


「よ・・・よし行ってやる!」


怖がりな僕は怖さを紛らわす為に、
ゲームの主人公に自分を見立てて探索しようとした。
一旦、蔵から出て自分の部屋に行き、
まだ整理してなかった荷物を漁った。


「あった!」


エアーガン、壊れてるラジオ、ポケットライト。
今思い出すとバカバカしいが、
当時は本気でした。
それらを持って、僕は蔵に突撃しました。
その時、もう太陽は沈みかけてて、
夕日になっていたのを覚えています。

胸ポケットにポケットライトをしまい、
ズボンの尻の方にエアーガンを刺して、
僕は階段を一歩ずつ歩いていきました。
一歩一歩に長く時間をかけていたので、
全部降りきった時には
前身に変な汗をかいてたのを覚えています。
ライトで降りてきた階段を照らすと、
思ったより短くて拍子抜けでした。


降りた先は一般的な公立中学の
教室と同じくらいの広さの部屋でした。
壁は石で出来ているみたいでゴツゴツしていて、
扉らしき物は何も無かったので、
どうやら部屋はここだけのようです。

地下室らしくひんやりしていて、
その空気は僕の恐怖心を煽り立てました。
何かないものかと僕はエアーガンを震える手で構えながら、
ライトを照らして辺りを探索していると、
箱のようなものを見つけました。

「なんだろ・・・これ?」


埃を被っていたので僕が手で払うと、
立派な赤い漆塗りの箱であることが分かりました。


「これ・・・開けてもいいのか?」


開けたら呪われる箱とか、
パンドラの箱とかを連想して、
僕は開けるのを戸惑いました。

結局、僕は開けるのをやめて、
蔵から脱出しました。

帰り際、ふと箱が呼び止めているような気もしましたが、
無視して歩き続けました。


その日の夜、
箱の事を思い出してそのことを考えていると、
全く眠れず、いてもたってもいられなくなり、
箱を開けに行こう!と思い、
体を起こそうとしたら動けない。

これが金縛りって奴でしょうか、
全く体がびくともしません。
どうしようと僕が目の玉を動かしていると、
左にふと人影のようなものが見えました。


「え?え?え?!」


左をもう一度見てみると、
そこには黄土色っぽい軍服にブーツ、軍帽を被った男。
第二次世界大戦時の日本兵が立っていました。
顔は見えません。

「ぎゃああああああああああああああ!!!!」
僕は腹の底から大声で叫んだつもりでしたが、
口がうんともすんとも動きません。

「見るな見るな見るな見るな見るな」
その男から目を逸らそうと右を見ると、
右には真っ裸で凄い形相をした女が、
近くで俺を見下ろしていました。

「ぎゃああああああああああああ」


僕は体を動かそうと必死になりました。
「動け動け動け!!!!!」
心の中で叫んでいたら、
すっと僕の体が浮かびました。

金縛りから開放されたので、
僕は一目散に部屋から飛び出そうとしましたが、
ふすまが開かない。
僕は必死でふすまを開けようとして、
ふすまを蹴っ飛ばしたりしましたが、びくともしません。
逃げ道を探そうと振り返ったら、
日本兵らしき男と女が体を向きあっていて静止しています。
そこで僕は、1つおかしいことに気づきました。
誰も居ないはずの布団・・・
そこには僕が寝ていました。

「何で!!!!」
そう思ったら、
女がこちらを見て口を動かしてこう言いました。


「あと二日だああああ!!!」

「うぎゃああああああああああああああ
・・・って、アレ夢?」


目覚めると、
僕は畳の上で布団からはみ出て寝ていた。
その日も学校では誰とも喋れず、
とぼとぼと帰宅して、
夕食をとり、部屋で寝転がっていました。


「あいつら、
何してるんだろうなぁ・・・」


僕は前の中学校の友達のことを思い出して、
少し泣きそうになりました。


「会いたいなぁ」


その時好きだった○○さんの事を思い出して、
なんとも言えないやるせない気持ちになりました。
もう吹っ切れようと、僕は早めにその日は寝ました。

「今の生活が嫌なんだろ?」


声が聞こえてふと目を覚ますと、
僕の目の前には、昨日の真っ裸の女が立っていました。
僕は飛び起きました。


「だ・・・だれだ?!オマエは!」


「嫌なんだろ?嫌いなんだろ?」


「く・・・くるな!喋るな!!」


僕は女から距離を取ろうとすると、
兵士のことを思い出して振り向くと、
案の定、兵士はいました。


「オマエもだ。だれなんだよ。でてけよ」


「・・・」


兵士は何も言わずに、
女の方を向いている。
相変わらず顔は見えない。


「なんなんだよ!何か喋れよ!!!」


「・・・」


僕は兵士が何も行動しないのを見ると、
とりあえず害はないだろうと思って、
女だけを相手にすることにした。


「オマエ・・・生きてるのか?」


「嫌なんだろ?」


「答えろよ!!!」


僕が叫ぶと、女は姿を消した。
辺りを見回しても、兵士しか部屋にはいない。
消えたかと思い、
少し安心して床にへたれ込みました。


「あと一日だあああああああああ!!
あと一日でオマエも楽にいいいいいい!!!」


突如、床から絞り込むような奇声が聞こえて、
床の畳を見つめると女がいた。
そこで僕の意識は途絶えた。

僕はまた畳の上で起きたが、
昨日とは位置がずれていた。


「部屋の出口に近くなってる・・・」


まるで何かが、
僕を部屋の外に持っていこうとしているみたいだった。


精神的に疲れて外に出ると、
母さん、父さん、おじいさんが、
昨日今日と叫びながら起きているのを
心配している様子だったけど、僕は軽く受け流した。


学校では、女が言っていた言葉が頭に響いて、
おかしくなってしまいそうだった。


『嫌なんだろ?』


確かにこの状況は嫌だ。
それに、もう少しで修学旅行がある。
孤独な修学旅行なんて絶対嫌だ!!
その時、隣の席の女子が話しかけてきた。


「○○(苗字)君・・・
ちょっといいかな?」


「ん?ああ」


神妙な面持ちだった。


「○○君さぁ、正直言って悪いけど、
友達いないよね?」


「うん、いないよ」


「あのさ、○○君の後ろにさあ・・・
変なこと言ってもいいかな?」


「え?何か見えるの?」


「昨日部活やってるときに、
○○君が帰ってくるのを見かけたんだけど・・・
○○君に引きづられるように・・・その・・」


「・・・気にせず続けてよ」


「裸の女の人が、
○○君に引きづられていたんだ・・・」


「・・・ありがとう」


「ごめんね・・・変だよね」


僕は軽く気にしないように言って、
放課後すぐに学校を飛び出して蔵に入った。

僕は、あの地下に絶対何かあると踏んでいた。
あのひんやりとした感じに何かあると・・・。


懐中電灯を使って地下にある箱を見つけると、
迷いもせずに箱を開けた。
ここで僕は、中に骨か何かが入っていて、
それを見つけてもらえてあの女は成仏する、と考えていた。
僕は細長い箱を開ける。
中からは、黒い束袋が出てきた。
持ってみるとかなり重量がある。


「何が入っているんだろう・・・」


僕は袋から、
細長い物を取り出した。


「え・・・?日本刀?」


その袋の中には、
黒い鞘に収められた日本刀が2本入ってた。
僕は日本刀を置いといて、箱を隅まで調べた。


そこで何か紙きれを見つけた。
かなり古いらしく、所どころ変色している。
漢字ばかりで読めなかったが、
一部だけ読み取ることが出来た。


戦死 ○○勘助


「○○ってウチの・・・!」


僕は何がなんだか分からなくなって、
混乱していました。


「そうか・・!
この刀で女を殺せば終わるんだな!!」


今思うと、
正気ではありませんでした。

殺してやる・・・殺してやる・・・
その時、頭の中は、それだけだったと思います。
刀を抜くと、ポタッと何かが刀から落ちた。


「え?何だ?」と僕は刀を見ると・・・
刃が血まみれでした。


妙な事に、血は刃から出ているように、
ポタポタとずっとたれ続けています。
僕は何故かその時焦りもせずに、
持っているハンカチで血をぬぐいました。
この時、僕はあの女への怒りと恐怖からか、
そんなことは恐怖にも思いませんでした。
大小二つの刀から血が出ていたので、
二つとも拭って袋に入れ、
自室に持ち帰って布団のそばに置いて寝ました。
あの女、殺してやる。絶対に殺す。

「今日で最後」


僕は女の声で目を覚ました。
殺してやる!!!!!!ってあれ?口が動かない・・・!
こんな時に限って金縛りでした。
僕は必死に腕を動かそうとしましたが、無駄でした。


「今日で最後だあああああああああああ!」


女は目を血ばらせながら、
俺の足を手で持とうとします。

「誰かああああああああ!
助けてええええええええええ!」

僕は心の中で助けを呼ぼうとしましたが、
女は手で僕の足をつかみました。
しかし突如女は手を引っ込めて、
うなり声をあげながら叫びました。


「きさまあああああああああああ!
なにをしたあああああああああああ!!」


「え?なんだ!!」

女は俺にではなく、
俺の左にいた兵士にむかって叫びました。
その直後、シュッ!という音とともに、
女は叫び声を上げながら消えました。

僕は目を覚ましました。
清々しい朝でしたが、
ふと部屋におじいさんがいるのに気づきました。


「蔵を出入りしていると思ったら・・・
その刀を・・・」


僕は、あっやばいと感じましたが、
この状況で言い訳何て出来るわけが無いと、
素直に今までのことを白状しました。
するとおじいさんは、刀を持って黙って出て行きました。
後で母さんが言うには、部屋で一人で泣いていたらしい。


そんなこんなで、
僕は晴れ晴れとした気持ちで学校へ行くことができ、
授業中にギャグを言えるほどクラスに馴染むことができた。


そんなこんなで、東京への修学旅行。
僕は班ごとの分散行動で、
靖国神社へ行きたいと言いました。
あることを確認したかったから・・・。
他のみんなは渋りました。
せっかくの東京で、
そんな神社なんかに行きたい中学生はそうそういないでしょう。
僕は「戦闘機とか鉄砲とかあるから・・・」っと、
みんなを説得して行くことができました。
そこで、戦死した人たちの遺影が飾ってある場所へ行き、
○○勘助を探しました。
名前と飾られている場所を調べるファイルで調べて、
期待と不安の入り混じった微妙な気持ちで見に行った。


その時、僕は声も出ずに、
少しの間そこに呆然としていた。
名札には『海軍少尉 ○○勘助』と書いてある。
遺影に写っていたのは・・・軍服を着た僕でした。

【後日談】
帰ってきた後、
僕はおじいさんを問い詰めました。

おじいさんから聞いた話。
・○○勘助とは、おじいさんの弟で、
 大日本帝国海軍(?)の少尉だった。
・サイパンで護衛艦に乗っていたが、
 アメリカ軍の攻撃を受け、奮戦虚しく撃沈。
・勘助さんは脱出したそうだが、
 部下を多く死なせた責任を取る為に切腹。自害した。
 そして二階級特進する筈が、
 混乱で上手く伝わらなかったので、少尉のままらしい。
・おじいさんは、跡取りであるのと、
 税金を多く払っていたので、徴兵はされなかったらしい。
 勘助さんは職業軍人でした。
・勘助さんが自害した時おじいさんは、
 勘助さんが持っていた刀を本国で受け取ったが、
 血が拭い取れず、勘助さんの呪いと恐れて地下に封印した。
・おじいさんが驚いたのは、
 若いときの勘助さんにあまりにも僕が似ていたかららしい。

↓からは僕の解釈。
・女は、僕の『引っ越したくない』という負のオーラ的な物が呼んだ霊?
・隣の女子が言っていた『女を引きずっている』っていうのは、
 昼間、意識があるときに、
 僕をどこかに引っ張ろうとして頑張っている女の霊が、
 逆に僕の力に負けて引きづられていた?
・夜は僕の力が弱まるから霊がすき放題できるけど、
 すぐに僕を外に引っ張れなかったのは、
 勘助さんが僕を守っていた?
・日本刀の血を僕が拭えたのは、僕が勘助さんに似ていて、
 勘助さんの無念を拭い取れることができたから?
・最後に女を切って除霊したのは勘助さん?霊同士で争った?
・今も勘助さんは、僕の守護霊として存在している?
 日本刀に魂が宿った?
 後者だったら、その日本刀はいわゆる妖刀というものになって、
 霊を切り殺すことができるのだろうか?

現在状況
・日本刀はおじいさんが保管している。
・それ以来、僕の前に女も勘助さんらしき兵士も現れない。


オススメサイト新着記事