弟から聞いた話です。
images
 
弟の友達二人が、
熊本までツーリングでキャンプに行った時、
深夜になって、田舎のとある大きな橋の下に
二人はテントを構えたそうです。

いよいよ眠くなり寝袋に入った時のこと、
テントの外で鳴き声がしたらしいのですが
始めは猫かと思っていたその鳴き声に
妙に違和感を感じたらしいのです。

猫というよりは、
人間がカエルの鳴き声を真似したように感じたと。

とにかくその声は気味が悪く、
テントの周囲をぐるぐる回るものですから、
二人はそれが気になって眠れなかったそうです。

それが、ついにテントの中にまで
侵入してきた気配がしたらしいのです。
(※そのテント、入り口が二重構造になっていて、
外の入り口と手前の入り口の間に
鍋や何かの道具が積んであったらしく、
その中をかいくぐってきたらしい金属音と
テント自体が揺れた感じがしたことで気配を察したらしいです。)

二人は恐くなって身を固めて
必死に眠ろうとして恐怖から逃れたそうです。

次の日に二人がテントから出て橋を見ると、
橋の下にロープが垂れ下がっていて、
ロープの先にはわっかがついていたそうな(((゚Д゚;))))

後から二人が聞いた話では
そこは自殺の名所として有名な場所だったという。。


オススメサイト新着記事