友人の披露宴のとき。
結婚

 
新婦友人Aのスピーチが忌み言葉満載だった。 
 
「二人は高校時代からラブラブ。 
 
二人に、別れの危機や浮気といったことはどうやらなかった。 
 
この二人なら、この後も、浮気とか離婚なんてことは多分ないと思う。 
 
新婦は、昔から優しくて可愛くて・・・・・・・・・(以下延々新婦のほめ言葉) 
 
新郎君にはもったいないくらいの女性。 
 
新郎君、新婦は私にとっては大切な親友。 
 
もし浮気したら、私が殺しにいくから覚悟しといてね。 
 
死が二人を別つその日までお幸せに」 
 
というカンジ。 
 
新郎新婦は、見た感じでは普通に笑って聞いてた様子だったが 
 
我々友人一同は真っ青。 
 
スピーチ終えてテーブルに戻ってきたAに 
 
「あんた、忌み言葉って知ってる?」と問い詰めたが 
 
「えー?なんかやばいの?」と、平気な顔してた。 
 

その後、新郎新婦には愛娘も生まれ、新居も購入して幸せそうだが 
 
Aがその近所に引っ越してきたり 
 
休日に遊園地やプールに出かけようとしたら、玄関先で待ってて 
 
「今日は家族水入らずだから」と断ってもついてきたり 
 
保育園に勝手に娘を迎えに行って、保育士さんからお迎えを断られたりしたそうだ。 
 
「新婦とは親友。親友の娘は私の娘」と本気で思ってるらしい。 
 
新婦は、購入したばかりの新居を捨ててでも引っ越したいと嘆いてる。



オススメサイト新着記事