19才から30才まで付き合ってた彼氏 
 男
勿論初カレだったし、途中からは夫婦同然の生活で実際結婚の話も出ていた。 
 
でも30才になった途端に捨てられた。 
 
今まで喧嘩は何度もしたけど、金銭的な迷惑も浮気もしてない。だから、率直に飽きられたんだと思う。 
 

彼は一回り年上でいわゆるエリート。面白くて優しい。
 
だから若くて可愛い子はいくらでも寄ってくると思う。 
 
女の一番良いときを使い捨てみたいにされて悔しいし
 
大好きだし、突然過ぎて追いすがりたい気持ちはあった。 
 
でも本人が嫌がっている物はどうしようもないから諦めた。 
 
泣いて泣いて吐く程泣いて、私はおかしくなってしまった。 
 
でも友人が側にいてくれて、家族も何も聞かないでいてくれた。 
 

そのときの上司(仲良くしていたので事情を知っている)が 
 
「絶対に仕事を休むな、会社で泣いてて良いからとにかく出勤だけはしてこい、一人になるな」と言ってくれた。

完全に吹っ切れて元気になれるまで2年も掛かってしまった。 
 
その後数年して、30代半ばを過ぎてまさかの良縁に恵まれ結婚。 
 
子供にも恵まれて、元カレの事は全く思い出さなくなっていた。
 
で、最近。 

元カレから会社宛にメールが来た。ストーカー行為はいい加減止めて欲しいという事だった。 
 
もう我慢出来ないから法的に対処する、弁護士も手配済だと。 
 
身に覚えのない事なので、話し合いを申し入れた。
 
すると数日後に元カレと今お付き合いしているという女性が来た。 
 
20代で、可愛い女性だった。上から目線で大声で説教された。 
 

上司が会議室を開けてくれて、私が既婚子持ちである事を説明。 
 
するとその女性は驚いた顔をして、外にも私の現状を聞いてきた。
 
丁寧に説明し、ストーカーなんてとんでもない、元カレさんにも 
 
そうお伝え下さい、調べればすぐに分かる事ですから、と言った。 
 

その後も元カレは納得せず、あちこちで私がストーカーだと 
 
言いふらしていたけど(幸か不幸か共通の友人もいないし 
 
職種も地元も全く違うので知らなかった)事実関係を照らし合わせあり得ない事が証明された。 
 
例えば、元カレの家がピンポンされまくっていた頃、私は出産中、等。 
 
元カレは物凄く驚いていて、最後まで疑心暗鬼だった。 
 
お前は俺に執着しているんだろう、いい加減にしてくれと何度も言われた。
 

それで更に調べた所、全く別の本当のストーカーがいた。 
 
元カレとは面識がある同業種の女性で、一見普通の女性だった。 
 
その人が20年に渡り激しいストーカー行為をしていたそうだ。
 
家の中に入ってお金を取ったり荒らしたりもしていたそう。 
 
元カレは当時からずっとそれを私の仕業だと思っていたそうだ。
 
実際、ストーカー女性は、あたかも私の仕業と思えるような 
 
やり方をわざとしていた。だから私のストーカーもしていたらしい。 
 

そこから先はもう私には関係ない話なので良く知らないけど、 
 
未だに解決はしていないそうだ。今カノさんが発狂中らしい。 
 
私は、自分が振られた理由が分かったので若干スッキリ、なんだか不思議な話のような気もするけど結果的に

今幸せだし、まあ良かったのかなと思っている。



オススメサイト新着記事