仕事に行くためにいつも通りマンションの外に出たら女の子がいた。 
 ストーカー
「すげー美人さん。彼氏でも待ってるのかなー」程度で、 
特にきにせずエントランスのチャリ置き場からチャリを出して 
マンション前に出たら声をかけられた。
 
女「すみません…」 

私「はい」 

女「良かったら私と二人でどこか行きませんか…?」 

私「結構です」 

いきなりナンパ?みたいな感じでビビった。 
 
イヤにおかんを感じたのでそのままチャリを飛ばして逃げた。 
 
ら、後ろから「待ってください!」って聞こえた。 
 
もちろんガン無視でチャリンコ飛ばした。
 
仕事中ずっと嫌な予感がしてたけど 
帰宅してきた時にはマンション前には誰もいなかった。
 
安心してマンションのエントランスにチャリ止めたら 
マンションの前にある公園から「○○さん!」って女の声。 
 
○○ってのは、私が二年ほど前に使ってたコテハンで 
今その名前で呼んで来る人はほぼいない。 
 
嫌な予感がして振り向くと昼に見た女の子が 
こっちに向かって走ってきてたので慌ててオートロック解除して 
階段で自分の住んでる階まで上がって逃げた。
 
二日目 

仕事は休みだったけど用事はあった。 
  
けど、昨日のことが若干怖くて予定を潰して引きこもり。 
 
買い物に行かず、食事は出前で済ませました。。 

夜になり、事情を知らない幼馴染の兄ちゃんが 
今の彼女との恋愛相談に来たのでついでに昨日のことも話して、 
兄ちゃんを帰り見送るついでに生ゴミ出しに一緒にエントランスへ。 

公園の位置口で昨日の女待ち伏せしてたので、 
兄ちゃんに任せて私は部屋に戻りました。 
 
因みにその時に女と兄ちゃんは接触して 
実の兄ってことで話をしたらしい。 
 
携帯でその女との会話を若干聞かせてもらってメモ。 
 
兄ちゃんに後で電話貰ってこんな事聞いたとか 
こんな話ししたってのも聞かせてもらいました。 
 
女の言い分はこんな感じ 

・まだ好き 
・昔付き合っていた 
・二年間連絡を取っていなかったから自然消滅だと思ってると思う 
・でもまだ付き合っているつもり 
・大好き 
・見た目が変わっても○○ 
・私も変えた(整形したらしい) 
・きっと戻れる、だってこんなに好きなんだもん 

因みに私は付き合った覚えはない。 
 
見た目が変わってってのは服装のことで、 
ボーイッシュからスカートとか履くように変わったことだと思う。
 
私が聞けた兄ちゃんと女の会話はこんな感じ。 


兄「あいつは風邪だからうつしても駄目だし帰れ」 

女「看病する!○○の風邪ならうつってもいい!」 

兄「俺医者なんだよ。だから見に来たの。 
  お前がうつったら患者が増えるし、 
  治りかけが肝心だから今は駄目。わかるよな?」 

女「・・・分かった、今日は満喫行くわ。 
  明日は来ていい?」 

兄「駄目。治りかけが肝心って言っただろ? 
  あいつから連絡させるから」 

女「私メアド変えてないからって言っておいて? 
  でも私から送ってもエラーだったから… 
  私のメアド渡しとくね。」 

兄「メモにしてくれる?携帯の電池切れてるから。 
  あと俺すぐに仕事戻らなきゃいけないから 
  渡すの明日になるけどいいよな」 

女「分かった。明後日来るね!」 

兄「一旦名古屋帰れ。 
  満喫生活なんかしてたらお前が体調崩すぞ」 

女「やっぱり○○のお兄さんなんだね。 
  ○○と一緒で優しい。」 

兄「とりあえず急ぐから、じゃ!」 


怖くなってそのまま車に乗り込み発信。 
 
めっちゃ手ふってたらしい。
四日目 

12時ごろインターホンが鳴ったけど例のごとく怖くてでなかった。 
 
その後郵便局に電話して再送をお願いするついでに、 
不在通知の時間外にも来たか確認したら 
昨日10時、14時、今日の12時の3回訪問したって言われた。 
 
と言うことは朝の時くらいのやつ以外は郵便局か。。。 

仕事で家を出る時はマンションのエントランスからはみえず。 
 
チャリ出したら公園の方からコテハン絶叫しながら走ってきたので 
半べそ書きながらチャリで逃走しました。 
 
だんだん怖さが増してきてる。
 
三日目 

朝8時頃にインターホンが鳴った。 
 
爆睡こいてたのでびっくりしたけどとりあえず放置した。 
 
止めないと1分くらい鳴り続けるタイプなんだけど、 
それが切れるで鳴り続けて 
切れたらすぐに二回目のインターホンが鳴った。 
 
正直怖くてでれなかった。 

眠さが手伝ってまたうとうとしてたらインターホンが鳴った。 
 
それも怖くて出なかった。 
 
14時くらいにまたインターホンが鳴った。 
 
これも怖くてでなかった。 

15時くらいに仕事で家を出なきゃいけなかったので、 
エントランスからだれもいないのを確認して出た。 
 
チャリをマンション前に出したら、 
進行方向とは逆のほうに女の姿が見えて目があった。 
 
瞬間、満面の笑みで走ってきたのでチャリで逃走。
 
夜になって帰宅。 
 
帰り道に郵便局があるんだけど、その近くに昼間見た女発見。 
 
幸い他に人もいたのと暗いのとで私に気付かなかったようで、 
気付かれないように迂回して帰宅した。 
 

郵便受けをチェックしたら 
いつも投函されてるピンクチラシとかが一枚もなくて 
郵便局からの不在通知だけ入ってた。 
 
因みに不在通知の入れられた時間は10時くらいだった。 

帰宅時、公園の横を通ってみたら 
最近良くたまってるDQNしかいなかったのでひと安心して 
マンションのチャリ置き場にチャリを置いて 
振り返ったら立ってておしっこちびるかと思った。 
 
本当に音もなく立ってて気配も感じなくて泣くかと思った 



女「今日はちょっと遅かったね」 

女「ねぇなんで無視するの?」 



みたいなことを言われ続けたけどガン無視。 

オートロックは鍵で解除して 
 
「これ以上はいったら不法侵入」 
 
みたいなことを言って相手を押し返して階段で逃げた
そして現在五日目。 
 
今日はまだ外出していないのでいるかどうかはわかりません。 


相手が女性なので対応も困っています。 
警察は同性同士ということもあってか 

「話し合いで解決できると思いますよ~ 
 何あったら110番してください。 
 うちの周りのパトロールは増やしますね。」 




オススメサイト新着記事