親戚のいとこの女の子が体験した話です。
一人くらし

仮にA子としておきます。

当時も相変わらずの不況で
なかなか就職口が見つからない中、
就職活動であたふたしている友人達を尻目に
A子は新年度が始まってすぐ
ある商社の内定を取ることができました。

その親戚の子の家は大家族なので
A子は自分一人の部屋が持てず、
早く働いて一人暮らしをしたい一心で
人一倍まじめに大学生活を送っていたようです。

そして翌年無事卒業し
念願の一人暮らしを始めました。

とりあえずお金がないので
しばらくの間は自宅から通い
初めての冬のボーナスが出る頃にはある程度の頭金になり
引越し代も貯蓄でき年末に一人暮らしを始めました。

そのアパートの近くの川では
姉妹で迷子になって
妹が川で溺れ死んだらしい事件があった場所なうえに
木造の二階建てで築数十年も過ぎるような物件でしたが
夢に見た一人暮らしだったのでA子は特に気にも留めませんでした

年末は仕事が休みなので
友人と飲みに出かけ、
ほろ酔い気分で帰ってくると
ついついコタツの中でうとうとしてしまいした。

深夜0時前頃でしょうか

あいかわらずコタツに腕を付き
うつらうつらとしていると
なにやらだれかの叫ぶ声が聞こえてきたようです。

「………○○ちゃん……○○ちゃん…○○ちゃん………」

…あぁとなりの住人の部屋に
知り合いでも来たのかと思いつつも

いくら木造の古いアパートとはいえ
音漏れが過ぎるなぁと思いつつも
うつらうつらとしていると、また

「………○○ちゃん……○○ちゃん…○○ちゃん………」

とだれかのささやく声が聞こえてきました。

あれ?なんかおかしいなぁ

とA子は思いました。

よく聞いてみると,外からではなく、
障子をはさんだ向こうの部屋から聞こえています。

「………○○ちゃん……△○ちゃん…おねぇちゃん………」

…!?

気のせいかその声は
小さい子供のような声だとA子は気づきました。

どんどん自分の部屋に近づいてきている

その呼び声に恐怖を感じたA子は
コタツに手を置き顔をふせ
うずくませました。

呼び声はもうすでに自分のいる居間のコタツで
うずくまっているA子の周りを

ヒタ…ヒタ…ヒタ…

と歩くように聞こえています。

A子は目をつぶりつつ心の中で

「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏…」

と必死に唱えました。

数十分がたったでしょうか…

いつの間にかシーンと部屋は静まり返り、
得体の知れないものは帰ったとA子は思い
うずくまっていた顔を上げました。

すると顔を上げた瞬間

耳に息を吹きかけられたように感じた瞬間…




オススメサイト新着記事