大無間から光へ。これが一発でわかる奴は山が好き
 3登k山道_1
けど、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。
 
これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の話。
 
加々森は陰欝なピークだ。見晴らしがきかず、暗く寂しいから、留まるような場所じゃない。
 
友人と二人で来てみたものの、鹿の骨が散乱する暗い深南部の森もいい加減厭きてきてたし、会社に休みを延長してもらって、
明るい聖まで足を延ばそうかなぁなんて思いながら、ほとんど加々森には立ち止まらず、先へ進んだ。
 
起伏が連なり、ほとんど消えかけた道をしばらく進んでいると、やがて急な下りに。先行した友人が舌打ちをして止まる。
 
「うわ、わりぃ。ルート間違えた。」
地図を見ると、確かにこんなに下っていない。光岩へ右に行く所を直進してしまい、尾根をかなり下ってしまったようだった。
 
溜息をついて戻ろうとしたが、ぬかるんだ急斜面。ずるずるに滑って、上るのは結構骨が折れそうだった。
 
「まぁ、場所はだいたいこの辺だから、少しトラバースして、上りやすいとこから、行こうや。」
 
なんとなく萎えた気持ちのまま、しばらくトラバースすると急に開けた場所に出た。
 
紫の原っぱ。
 
窪地いっぱいに広がるミヤマトリカブト。素晴らしくきれいだった。
 
こんな場所があったのかぁ。見回せば、この窪地から上へ小さい道が続いている。
 
誰か知ってて来る人もいんのかなぁ?とりあえずルートに戻れそうだ。
 
俺は少しほっとした。
 
その時、トリカブトの群落から派手な合羽のおばさんがすうっと出てきた。
 
「助かるわぁ。道に迷ったんです。お兄ちゃん光まで連れてって。」
友人が震えているのが不思議だった。

「まぁ、ルートはこの上だと思うんです。この道悪いかもしれんけど。」
俺たちも迷ってしまった事は棚にあげて、俺は自信満々だった。まぁ、現在地もだいたい把握できてたからだと思う。
 
じゃあ行きますか?
ところが、俺が先に行こうとした途端に、友人が俺の腕をひっつかんで、絞りだすような声で呻いた。
 
「俺たちは後から行くから、先に歩け。」
 
おばさんは少しお辞儀をして、先に上る道を上がっていった。
 
が、遅い。たいした坂でもないのに這いずるような格好で辛そうに歩く。
 
あまりに遅いペースにいらだち、先に行ってルート見てくるから、
おばさん後からゆっくり来なよって言おうとした瞬間、友人が俺につぶやいた。
 
「こいつに後からついてこられるのは嫌だからな。絶対見える所がいい。」
 
なんとなく気持ち悪くなってきた。このおばさんはどこに行くつもりだったんだ?
光より南から、こんな装備で来たはずない。光から来たなら、こんなとこには来ない。
 
おばさんはなんだかぐにゃぐにゃと上っている。
 
「ねぇ。どっから来たんですか?」
 
俺の問いには一切答えずおばさんは言った。
 
「前。代わらない?」
 
「代わらない!行けよ!」
 
友人が怒鳴る。
 
「前。代わらない?」
 
ぐにゃぐにゃのろのろ歩くおばさんの後をしばらく上った。四、五回同じ問答をしたと思う。
 
俺はいつの間にかすっかり、怯えていた。
 
だが、ぐいっと急斜面を上ると突然本道にでた。
 
「あぁ、良かった。戻ったぁ。」
 
と思った瞬間。バキン!!と音をたててオバサンの首が直角に曲がったんだ。
 
そんですぅっとさっきの道を下りていった。
 
俺は怖いというより、驚いて硬直したまましばらく動けなかった。
 
その後は、光小屋までものすごいスピードでいったよ。友人はその晩言った。
 
「おまえ合羽のフードの中の顔見た?目も鼻も口の中も全部土がいっぱいに詰まってたぞ」
って。
 
あんなのにぴったり後ろついて歩かれるのは、俺は絶対に嫌だねって。
 


オススメサイト新着記事