東京ディズニーリゾートには約20000人のキャストが働いているという。
 sidsid1967-img600x600-1442973924dgbjhp8154
彼らはディズニーランドの夢の世界に魅せられ、ディズニーで働いている。給料はさほど高くないというが、彼らは日本のどんな職種の人より自分たちの仕事にほこりと満足感をもって働いているに違いない。

 

ある日のディズニーリゾート採用面接時には100人の人が入社試験を受けるために集まったそうだ。ディズニーの9割はアルバイトであるそうだ。

 

面接は15分間面接官とマンツーマンで行われ面接の中の会話ないようや態度などで採用されるかどうかがきまるそうだ。面接官いわく、合否のポイントは親しみやすい笑顔であり、明るいかどうか。かなり社会人としては基本的な事で夢の国ディズニーランドといえども一般企業なんだなと思わされる。

 

入社試験をパスしてはれてディズニーのキャストになった人たちはその後、ディズニー大学なる場所へいって、お客様をHAPPINESS(幸せ)にする方法やディズニーの接客哲学を学ぶそうだが、その具体的な内容はディズニー大学へ行った人とディズニー大学の講師しか知らない。謎が多い大学である。

 

ディズニー大学という名称は通称だそうだ。場所は東京ディズニーリゾートの本社の中にある人事研修施設である。





    オススメサイト新着記事