俺が体験した話
sinrei03
 
その頃「ホン呪」ビデオが俺ら(霊感無し)の中で流行り、
見てる内に友達Aが実際目で霊を見てみたいと言い出した

俺はあんまり乗り気じゃ無かったが
結局今度霊感の強い後輩Bを連れて行くことになった

後日夕方Aの車で4人で
地元の心霊スポット巡りをしたのだが見れず、
ちょっとだけヤバめの所
「〇子の〇」に行こうと半分Aのわがままで決まった

場所はあるサイトで調べ、
その通りにタバコの自販機を曲がり
林を抜けて砂利道を通り
しばらく探したのだがない。

おかしいなと思いつつ
その辺をぐるぐる回ってるとBが何かを感じて

「何かあそこの林あやしくないですか?」

そこは来た砂利道を曲がった先にあるのだが、
車も入れない狭い農道の先なので
俺らは何も見えないので
しばらく砂利道で車を停めて見てみた。

またBが

「やっぱりあそこ怪しいですね、
ちょっとAさん行ってみますか」

と言ってAを連れて見に行った。

俺らしばらく車の中でしゃべってたら
Aが向こうの森の前で
Bとこっちに来るように俺ら二人を手招いた。

俺らは半信半疑で車を降りようとすると
AとBがこっちに向かって猛ダッシュしている。

訳が分からず俺はAに

「見えたの?」

と聞くとそれを遮るようにBが

「ヤバいです逃げましょう!」

と言うのでみんなで車に飛び乗った

Bに

「どうしたの?」

と聞くと慌てて

「後ろから靄のようなものが追ってきますから
早く車出して下さい!!」

と言った

Aは車を急発進させようとしたのだが、
何故か車を上から
ものすごい力で押さえつけられているかのように
砂利道にエアロを引きずりながら車を出し、
砂利道を出て林を抜け来た道を逃げるように戻った

そこはあまり覚えてないが
ちょっと離れてからAが

「見えたよ!良かったー」

みたいなことを嬉しそうに語ってた

その横の助手席で、
初めは顔がひきつって固まってたBが
とりあえず明るくて落ち着く所に行きたいと言うので
ファミレスで飯を食いに行った。

ファミレスでもBはあまりしゃべらず黙っていた。

ファミレスを出ると
駐車場でBが落ち着いて車を見ていた。

どうかしたか?
と聞くと車の後ろ側を指さしたので見てみると
車の後ろの方の両側にやけに指が長い手跡が残ってた

そしてBは自分の家に行きましょうと言った。

Bの家は一家霊感が強く
ちゃんと厄払いしてるから安全らしい。

それからBの家に着くと
言われた通りに塩で車と俺らを清めて家に上がった

Bの部屋に着くと
Bはカーテンの間から外を見て落ち着くと
今日見たものを語りだした

最初あの森を見た瞬間に
木の隙間から着物を来た女の人がこっちを見ていて、
Bは気になりAを連れて行ってみた。

その先には2、3体いてAは
Bの肩を触ることでそれらを見ることが出来た。

二人で見ていると
1体がこっちを向いて近づいてきたので
猛ダッシュで逃げたら
それらがもらのようになり追ってきて
次第に赤く見えたので
追いつかれたらどうなってたか分からなかった
と言われてぞっとした

その後車で林を逃げる時にも
林の中に白い男が上からにらみ付けていた。

その後ファミレスまでの道で固まっていたのは
その時Bは金縛りに遭っていて
目だけ運転してるAを見ると
Aの横に白い顔があったが
怖くて何も言えなかったという

2、3日後Bから電話があり
元気がないので話を聞くと
夜寝てる時金縛りに遭って

「引きずらないで…痛いよ…」

と言う声が耳元で聞こえてきたらしい

正直ぞっとしたけど
Bが言うには気にしないで忘れた方がいい
と言うので忘れることにした

だがまた一週間後Aから仕事後に電話があり、
最近夜中に霊象があって怖いから来てくれと言われた

俺はちょっと自業自得だと思ったが、
Aとは幼なじみなので
それから行ってあげる事にした

行ってみるとそんなにおかしい事はない、
て言うよりかは分からなかった

が、テレビを見ていた夜2時頃
そいつの家の庭で走る足音が聞こえたり、
女の笑い声がした。

一番ぞっとしたのは
庭に停めてあったAの車のボンネットを
「バンッ」と叩く音がした。

びっくりして二人で窓から外を見ても
何もないということが何回か遭った

それから毎日仕事後俺は
Aの家に行って気晴らしに遊びに行き、
ゲーム何かしながら何かあると
「気にするな」と言ってきたが、
とうとうAがノイローゼ状態になってしまい
次の日にお祓いに行くという事を聞いた。

が後日その時の事を聞いたが正直それが一番怖い

Aは見に行った日以降には
霊を目で見る事が出来ていた。

もう怖くて親と一緒に
地元で有名な〇〇大社にお祓いに行った。

そしてAとAの車はお祓いをしてもらったのだが
いくら坊主がお祓いしても霊はAの車の中に居た。

2時間位でお祓いは終わったが
Aには未だに車の中にいる。

Aはその事を主張したが
誰にも信じて貰えなかった。

しかも親とは別の車帰ることなり、
帰りは1人で運転して帰ることになった

その帰り道の途中、
怖くてたまらないAは
Bに電話して気を紛らわそうとした。

やっと家に着いた車の中で
着いたと言おうとしたところ、

B「今車降りました?」

と話しながら車を降りた

A「え?」

B「今バタンって音したんで、、
またねって今いいましたよね?」

Aは「またね」なんて言ってない。

それをBに言うと車ドアを閉める音がした後
お経みたいのが聞こえてきて
またねっていう声がしたらしい

Aはその時本気で勘弁してよーって思ったらしい

その後やっぱりあの日の四人で謝りに行く事になり、
花と酒と線香を持って昼に行った

あの時とは全然違ってただの森に見えたが
森を進むと奥には草原が広がってて
その手前に大きな石が奉ってあった

そこで全員本心で謝り帰ってきたが
帰りの車の中で分かったのだが
奉ってあった石の横に白い女が
こっちを睨んでたのを全員が見てました…

     


    オススメサイト新着記事