43

「道を教えてください」 

夕方の路地でそう話し掛けてきたのは
背の高い女だった。
足が異様に細くバランスが取れないのか、
ぷるぷると震えている。


同じように手も木の枝のように細く、
真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。


ハァハァと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、
僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。


「あ…あの。どちらへ…?」
やばい人っぽい。
僕は早く答えて立ち去ろうと思った。



「●●町4-19-3-201」
「………」



そこは僕のアパートの住所だった。
部屋番号までぴったりと合っていた。

 
「し、知りません」
僕は関わり合いたくないと本気で思い、
そう答えた。

 
すると女はゴキッと
腰が折れ曲がるほどにおじぎをして、
またふらふらと路地の奥へと消えていった。


「超こぇえ…」
僕はわざわざ遠回りをして
アパートに戻ってきた。
部屋のカギが掛かっているのを確認し、
さっさと開ける。



「道を教えてください」



真っ暗な部屋の中から声がした…





オススメサイト新着記事