unnamed (19)

ある雪山に助手と撮影に行った。
雑誌の仕事だった。
 


撮影何日か目に助手が怪我をした。
まだ予定枚数撮れてないので、
雪山を降りる事は出来ず撮影を続行した。

助手の怪我は悪化し、
何日後かに助手は死亡してしまった。
 
それでも仕事を終えてなかったので
山を降りる事が出来ず、
泊まっていた山小屋の側に助手を埋め、
一人で撮影を続けた。

朝、カメラマンが目を覚ますと、
カメラマンは信じられない事態に遭遇する。


埋めたはずの助手の死体が
寝ている自分の横に寄り添うにあるのだ。 

「なぜ??埋めたはずなのに…」
カメラマンは理解できない出来事にパニックになり、
すぐにでも下山したかったが、
まだ仕事があるので、
また助手の死体を埋めて撮影へ。

次の日の朝、目を覚ますと
また横に助手の死体が
寄り添うように置かれていた。

「なぜ…??」
これが何日も続くので
さすがにカメラマンも気がおかしくなってきた…

それでも何とか仕事を終えた。
すぐにでも下山したかったが、
既に夜になっていた為、
もう一泊することになった。

「明日も朝起きたら死体が横に…」
と考えたら、この事態がどうして起きているのかが
無性に気になりだした。

そこでカメラマンは自分の寝姿が写る位置へ
連続写真が撮れるカメラを設置して寝た。

次の朝、
やはり助手の死体は自分の横にあった。

そしてカメラを回収し、下山した。
会社に戻ったカメラマンは、
昨夜、山小屋に設置したカメラの
フィルムを自分で現像した。

そこに写っていたのは…
起き上がり山小屋から出て、
助手の死体を担ぎ、自分の横に置く、
うつろな目をした自分の姿だった…
 


オススメサイト新着記事