R1zBaWaZAA1Qa2g1396241688_1396241728

俺のうちは昔超貧乏で、
欲しいものなんか何一つ買ってもらえなかった。
 

着てる服は近所の子供のお下がりだったし、
おやつは氷砂糖だけだった。

そんな俺でも義務教育だけは
ちゃんと受けさせてもらっていた。

ただし、勉強道具はすべてお下がりだった。
生まれてからずっとお下がりばかりだったから、
別になにも不満はなかったんだけど、
ひとつだけ嫌なことがあった。

それは、お下がりでもらった学習机だった。
その学習机は、お下がりなのにまだ新品の光沢を保っていて、
ひきだしをあけると、木材のかぐわしい香りが楽しめた。
俺はその学習机をひどく気に入って、
暇な時間は、柄にもなく机の上で本なんかを読んでみたりした。

学習机がきて一週間くらい経った頃、
妙な体験をした。
いつものように椅子に腰掛けて、
机の上で本を読んでいると右足にひんやりとしたものが触れた。

本を読んでいる最中だったので、
足に触れたもののことなど気にしなかった。
足をひんやりとしたものに当たらないように少しずらす。

しばらくすると、またひんやりしたものが足に触れた。
気持ち悪かったので、
右足でひんやりとしたものを奥に蹴り込んだ。
すると、足の先にグニャッとした変な感触があった。
視線は机上の本にありながら、
意識は机下の足先に集中した。

俺は右足をそっと動かしながら、
そのグニャッとしたものの表面を確かめた。
ぐにゃっとしたものは凹凸があり、
所々に穴があいていた。
やわらかいかと思うと、かたい所もあったりして、
何なのかさっぱりわからない。

足先はなめるようにグニャッとしたものの
表面に触れていき、最後に上部に達した。
そこで細い糸のようなものが
沢山ある感覚を感じた瞬間、
自分の足が触れているものが何かわかった。

俺はそっと体を曲げて机の下を覗いた。
そこには青白い男の子がいた。
俺の足先は、男の子の頭に触れていたんだ。

俺はびっくりして椅子ごと背後に倒れた。
でも、顔は常に机の下の男の子を向いていた。
男の子も、微動だにせず俺を見ていた。

立ち上がることもできず、
ハイハイ歩きで部屋を出た。
すぐにオヤジの所にいき、
体験したことを泣きながら話した。

でも、オヤジは全然信用してくれなかった。
もし信用してくれたとしても、
うちには新しい机を買うお金なんてないので、
買い換えることはできない。
結局俺は、小学校時代ずっとその机を使い続けた。

机で勉強していると足にひんやりとしたものが
触れることが度々あったけど、机下を覗かないようにした。
またあの男の子がいたら怖いからだ。
いるのは確実なんだけど、見ないことでやり過ごそうとした。

中学になって、それとなく母ちゃんに聞いてみた。
俺の使っている机は誰からもらってきたのかと。
すると母ちゃんは、少し困ったような顔をしてから、
「あの机は近所のワタルくんの家からもらってきたんだよ」
と教えてくれた。

ワタル君は俺と同い年で、幼稚園が一緒だった。
小学校に入学する数日前に、
ワタルくんは川に落ちて死んだ。
頭がよかったワタルくんは、
入学する前から勉強を始めていたらしい。
俺が使っている机で勉強しながら、
これから始まる学園生活にワクワクしていたことだろう。
 
事情を知った俺は、
机下にいるワタルくんのことを怖がらなくなった。
ワタルくんのぶんまで勉強しようと思った。

それからもワタルくんは、俺の足に触れることがあった。
俺はワタルくんが足に触れるときは、
勉強頑張れって励ましてくれていると考えた。
ワタルくんの励ましが支えになって、
俺は結構勉強ができるようになった。
 
少しして、中学校で野球が流行った。
俺も参加したかったんだけど、
バットやグローブを買うお金がなくて困った。
俺はいつものようにオヤジを頼った。
するとオヤジは、「ちょっとまってろ」と言った。

数ヵ月後、オヤジはバットとグローブを俺にくれた。
またしてもお下がりだったけど気にしなかった。
これで野球ができる。
俺は野球のメンバーに混ぜてもらい、
思う存分楽しんだ。

だけどある日、
友達の一人が俺のグローブを見て言った。
「それ、ヨシロウのグローブじゃねぇか」
ヨシロウというのは、中学で野球部に所属していた同級生だ。
野球の才能があって、
中一の頃からレギュラー入りを果たしていた。
 
だけどヨシロウは、つい最近死んだのだ。
帰宅途中に川に落ちて、溺れてしまったらしい。
自分が使っていたグローブが
ヨシロウの物だったことを知り、俺は思った。
ヨシロウのぶんまで野球を楽しんでやろうと。

そのとき、ふと思った。
ヨシロウとワタルくんって、何か似てるなぁと。
二人はどちらも若くして亡くなっており、
死因も死んだ場所も同じだ。
そして二人の形見を俺がもらっている。
こんな偶然ってあるのだろうか?

数ヵ月後、再び俺はオヤジに頼みごとをした。
今度はテレビゲームが欲しいと。
するとオヤジはいつものように
「ちょっと待ってろ」といった。

二週間後、オヤジはテレビゲームをくれた。
またしてもお下がりだった。
オヤジからテレビゲームをもらうちょっと前に、
新聞に載っていた記事を思い出した。
近くの川で、近所の中学生が溺れて死んだらしい。
体全体に寒気が走った。

その日の夜、いつものように自室で勉強をしていると、
足先に何かが触れた。
何年もの間、その何かを死んだワタルくんが
俺を励ましているものだと思っていた。

本当は違ったんだ。
その何かは、必死に訴えかけていたのだ。

俺は今も、
机下を覗くことができないでいる。
 


オススメサイト新着記事