アジアのあるリゾート地に観光に行った大学生4人組の都市伝説である。
 new-york-hotel-839390_640
4人は同じゼミの仲間で卒業前、最後の思いで作りにとアジアのリゾート地に旅行へいった。

彼らは一番見晴らしがいい最高のホテルに泊まりたい!という願望を叶える為に100階建てのホテルを予約していた。

昼間の観光でへとへとになって帰ってきた大学生4人組。

ホテルにチェックインするとホテルマンから驚愕の一言が。

 

エレベーターが緊急点検で午前0時まで使えません。

 

その時の時刻は午後10時。2時間も待ってられるか!と4人は階段で100階まで昇る事を決意した。

 

50階までは若さのパワーでなんとか上がって来れたが思ったよりも階段がきつい。

このままでは途中であきらめてしまうと思った1人がある提案をした。

 

1階昇るごとに誰かが怖い話をしよう!

 

こうなってくると気分はとても楽しい。なんせ4人だけなので自分の番がすぐに回ってくる。次は何を話そうかな?一番怖い話でみんなを怖がらせてやる!

みな思い思いに怖い話をしながら1階ずつ歩を進めて行った。

 

そして気がついたら99階。

 

99階で披露された、1人のとっておきの話は本当に怖くて他の3人は戦慄していた。

「早く部屋に入ろうぜー!マジで怖いわ!」

ついに100階にたどり着いた。

 

最後の一人の怖い話を聞いたら自分たちの部屋に入れる。

 

最後の一人が話した怖い話は99話目の話を遥かに超えていた。

 

「ごめん。1階のフロントに部屋のカギを忘れてきた。」

     


    オススメサイト新着記事