20年ぐらい前、激安の『告知物件(※嫌悪すべき歴史的事実の告知義務がある物件)』に住んだことがあんの。
a0006_001125

一人暮らしのお婆さんが孤独死したアパートなんだけど。
 
平和な老衰だし、90歳過ぎの大往生で「化けて出ることもねえだろう」って不動産屋と笑ってたんだけど。
ギブアップして、2か月で部屋を出た。
 
ウジと湿気が異様に凄いんだ。
床に置いた皮のバックや雑誌にはすぐ青カビ。
 
食べ物が腐るのも早くて、クジラのジャーキーなんか3日でウジだらけになる。

不動産屋に鍵を返しに行ったら、親父のヤツ「やっぱ、人間を食ったウジは威勢がいいのかね」って笑いやがった。
聞いたら、お婆さんの遺体が発見されたのは死後1カ月後。
 
周囲が死臭に気づく時期って、人間の『腐りの盛り』なんだってね。
 
畳替えの時には、布団を敷いてた下部分の床にまで油染みべったりだったって言ってた。
 
俺、ちょうどそのあたりにテーブルを置いて飲み食いしてたから、なんかゾッとした。


     


    オススメサイト新着記事