不動産屋で勤めている姉から聞いた話。
 room-616875_640
ある独身者向けのマンションなのだが、その部屋を訪れるといつも風呂の浴槽に水が張ってある。

水道は通っていないので、水の出所などないはずなのに。
 
午前中内覧のとき水を抜き、午後再び訪れたらまた水が張っていた、ということもあった。
どういうことなのかさっぱりわからない。
 
そして、何故か水が張っている所を見るのは姉だけだという。
同僚たちは一度も見たことがないとか。

また、一度だけピチャピチャと水をなでるような音を聞いたらしい。
見に行くと、風呂場には誰もいなかった。
しかし、水面はさっきまで誰が触っていたかのように波打っていたという。

その部屋は何故かずっと借り手がつかなかったが、今年の春から男性が住み始めたという。
姉はもう少し研究してその謎に迫りたかったと残念そうだった。
男性からはまだクレームの類いはないという。

     


    オススメサイト新着記事