午前3時頃、
眠りが浅かったのか外の音が耳についた。
 high-heels-698602_960_720
カツ…カツン…カツ…カツン…

ハイヒールの音だ。

どこかの女が歩いているらしい。

こんな夜更けに…。

何となく特徴的な靴音は、
片方に重心が偏っているせいだろうか。

うとうとしながらそんな事を考えていた。

靴音は段々近付いて来る。

そしてそのまま俺の部屋の窓の下を通り過ぎ、
左の方へ歩いて行ったようだ。

靴音は段々遠ざかる。

が…

…ツ…カツ…カツン…カツ…カツン…

また戻って来る。

どうやら窓の下を右に左に、
往復しているらしい。

なんなんだ、と俺はいらついた。

音が気になって眠れないじゃないか。

女は歩き続ける。

うるさい。うるさい。うるさい。

急に、頭の上に気配を感じた。

ぎゅうっと頭を押さえつけられる。

これは人差し指だ。

人差し指はゆっくりと俺の頭を撫で回し始めた。

男の指だ。

だんだんと動きが速くなる。

ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐり

人間の動きじゃない。

さっきまではなかった恐怖感が
喉元に迫り上がって来た。

だけど動けない、金縛りだ。

どうしよう、どうしよう、
どうしようどうしようどうしようどうしよ

「うわああああああああ!!!!」

叫んで思い切り目を開いた。

靴音も、指の感触もなくなっていた。

携帯を見ると4時42分。

随分半端な時間に来たんだな…と思った。

     


    オススメサイト新着記事