忘年会があった帰り道、ほろ酔い気分で駅から歩いてた。
 a0002_000209

時間は深夜の1時を回ったところ。

夜も遅かったし、近道しようと思って裏通りに入った。

住宅街は、まだ部屋の灯りが点いてる家もぽつぽつあった。

その灯りと街灯を頼りに歩いると、あるマンションの前に何か立ってた。

遠目からだけど人のシルエットっぽい。 

近づくにつれて、人間だと確信した。

でも・・・微動だにしないし、突っ立ったまんま・・・

いきなり刺してきたり・・・・やだな? と思ったが、引き返したら遠回りだし

やっぱり早く帰りたかったので、絶対目を合わさないようにして、そいつの前に差し掛かった。

近くを通ってわかった。


人間じゃなくて ” 女物の着物を着たマネキンだった ” 


何でこんなとこにマネキン?気味悪い!と思いながら足早に通り過ぎた。 



しばらく歩いたら、ふと横に気配を感じた。

ん?と思って横を見ると ・・・・


さっきのマネキンがすぐ真横にいた!


いや・・・違う・・・・

よく見たらマネキンじゃない!! どう見ても人肌 !!

顔はマネキンみたいに無表情で目が真っ暗の女の顔!! 

こいつどっから来た?いきなり現れたとしか思えない、ていうかどうみても生身の人間じゃない! 

一秒くらい頭を駆け巡って、次の瞬間全身総毛立って速攻で逃げました。


年末の深夜は危険です!!

     



    オススメサイト新着記事