ある夕方。
彼は学校帰り、
田んぼに沿っている静かな道を歩いていました。
paddy-289671_960_720
 
ずっと向こうに黒いワンピースを着た女性が
立っているのが見えます。

二人のほかには誰もいません。

女性の肩は不自然なところまで上がっており、
腰の部分には極端なクビレがあります。

極め付けに、なんと女性は裸足でした。

恐がりの彼は不気味に思い足を止めました。

すると、今まで立っていただけの女性が動きだします。

しかし普通の動きではありません。

なんとその女性は、スキップをしているのです。

ゆっくりと、彼の元へと近づいてきます。

彼はただならぬ恐怖感に襲われました。

だんだんと近づいてきたため、
女性の顔がはっきりと見えるようになりました。

なんとその女性には、眼球が存在していませんでした。

黒い穴が開いたような目の部分。

恐怖が倍増します。

来るな、と彼は女性に言いました。

すると女性は止まりました。

ほっ、と胸を撫で下ろしたのも束の間。

女性は目を大きく開き、
いえ、黒い穴を大きく広げ彼にこういったのです。

「次の人」

すごく冷たい言い方だったそうです。

機械のように棒読みでした。

彼は後退りします。

やばい。

そう思いました。

そして次の瞬間、女性は

「み、つ、け、た!!!」

と叫びました。

言うが早いか、彼は荷物をその場に残して、
すぐさま元来た道をもうダッシュで逃げました。

陸上部の彼、逃げ足には自信があります。

田んぼ道を抜け、ある公園に逃げました。

やはりそこにも人はおらず、
彼は不安に思いつつも
公園の公衆便所の個室に隠れました。

20分くらいそこにいたそうです。

もういいだろう。

その場を出ようとしたとき、
ぺたぺた…。

タイルのうえを裸足で歩く音がしました。

彼は心臓が止まるかと思ったそうです。

足音が止みました。

そして、さっき聞いたあの無機質な声が彼の耳に入りました…。

「去年のあの子もここに隠れたのよ」

去年?あの子?なんのことだ?

彼は考えました。

しかし何のことかさっぱりわかりません。

そして女性が一言。

「また迎えに来る」

その声が聞こえた瞬間、
彼は気絶しました。

実は去年、彼が逃げこんだトイレで、
発狂した少年が見つかっていたのです。

その少年は発見されたときしきりに

「オバケがくるよ」

と言っていたそうです。

女性が言っていた「去年のあの子」とは、
あの少年だったのではないでしょうか、
とか私は勝手に思ってます。

田んぼ道は気を付けてくださいね。





    オススメサイト新着記事