私が小学校5年生の頃の話です。
PAK86_superball15103903_TP_V

ある晩テレビで心霊番組をやっていました。

その番組の内容はほとんど忘れてしまいましたが
めちゃくちゃ怖い心霊写真を紹介していました。

それは川で遊ぶ子供の写真で
よくみると緑と黒の色をした丸い物体が川に浮いていて、
解説によるとそれは川で溺死した人の顔だと言うのです。

次の日学校では
クラスメイトがその話題で盛り上がっていました。

あれはトリックだと言う奴もいれば
番組を思い出して泣き出す女子もいました。

その日の放課後私と友人KとS、
あと他のクラスメイト3人が教室に残って
まだ例の番組の話で盛り上がっていました。

しばらくしていつのまにか怪談話大会になっていましました。

ふと外を見ると薄暗く
運動部の連中もみんな帰っていて
学校の周辺は静まりかえっていました。

私は本格的に怖くなってきました。

それでも他の連中は盛り上がっていて
「帰ろう」と言える雰囲気ではありませんでした。

「早く帰りたい」

そう思ってると、
私と同じように怖い話にうんざりしていたKが
スーパーボールで遊んでいました。

私は気を紛らわせるために
Kとスーパーボールでキャッチボールをしました。

ところが妙なことにKの投げるボールが
どんどん早くなっていくので。

私「もう少し手加減にしろよ」

K「え?普通に投げてるよ」

と言った瞬間
猛スピードでなげてきました。

私は思わずよけてしまいました。

ボールは壁に跳ね返ると信じられないことに
もっと早いスピードで飛びまわりました。

あっちこっちに飛び回るボールをみて
私とKは呆然としました。

異常事態に気づいたSも

「何かやばいぞ逃げよう!」

といいましたが
ボールがあっちこっちに飛び回るため
うかつに動けません。

みんな机の下にもぐりこみました、
しばらくするとボールの跳ねる音がしなくなりました。

姿もみえません。

私たちは大急ぎで学校からでました。

そして次の日例のスーパーボールを探しましたが見つかりませんでした。

それ以来私はスーパーボールが怖くて触れません。


     


    オススメサイト新着記事