学生時代。
microphone-1007154_960_720

バイト先が御盆で大忙しだった。

お昼でそろそろ客がきれる頃かな、
と思ってたころ。

ちょうどL字型のカウンターで、
ちょうどLの下側で一人で下を向いて包装作業中、

「○○(私の名字)さん」

と耳元でお客さんに呼ばれた。

「はい!失礼致しました、承ります!」

って向いたら、誰もいない。

L字型の上(横?)には先輩2人とお客さん。

けっこう離れてるし、
そっちのお客さんはこちらを見ていない。

「アレ~?
今耳元で名前呼ばれたと思ったんだけど・・・気のせいか」

って思ってふと一番近くの先輩を見たら、真っ青な顔で、

「今、○○さん、誰かに呼ばれなかった・・・?」

ちょっと店内騒然でしたわ。

よく考えたら、その一番近い先輩でさえ2m以上離れてたのに
なんであのささやき声が聞こえてたのも怖かったよ。

しかも、私、その日名札忘れたから、
客に名前わかるわけないんだよね。

御盆ってことですましたけどさ。

     


    オススメサイト新着記事