俺が高校生のときの話なんだけど
ある日友達の家で遊んだあと家帰って携帯が無い事に気付いた
 
smartphone-1208230_960_720
 
どこいったのかなぁと思いつつ
バッグの中探したんだけど見つからなかった。

友達の家に置いてきちゃったのかな?
と思って友達の携帯に電話しようとしたんだけど
携帯が無いと番号がわからない!

そこで自分の携帯に電話すりゃいいじゃんと気付き掛けてみた。

プルルル プルルル ガチャ!

俺「もしもし 俺○○だけど」

友達「ああ どうしたの?」

友達は寝ていたらしく声が寝起きだった。

俺「携帯お前の家に忘れたみたいだから明日朝取りに行くから」

友達「うん、わかった」

その日はそこで電話を切った。

次の日の朝俺は約束どうり友達の家に行きチャイム押した。

すると友達が出てきて

友達「こんな朝早くに何しに来たの?」

えっ?と思ったが昨日寝ぼけていたので
覚えていないんだと思い
事情を説明して部屋にいれてもらった。

友達の部屋をくまなく探したが携帯は見つからない。

昨日友達が電話に出たのに何で??

すると

友達「間違って知らない人に電話したんじゃない?
相手寝ぼけてたんでしょ?俺の声と聞き間違えたんじゃない?」

そうかもしれないと思った俺は家に帰り
もう一度バッグの中をのぞいてみた。

すると昨日はなかったはずの携帯が入ってた。

気になって着信履歴を確認したら
俺が家から掛けた電話の履歴が残っていた。

しかも不在者通知は出ていなかった。

つまり誰かが携帯にでたことになる。

部屋にあったのなら音が鳴るはずなのに、
ましてや誰かが電話にでるなんてありえない・・・

怖くなった俺は部屋で一人しばらく放心状態でした・・・・

冷静になって考えても納得いかない事がたくさんあるが
やはり一番気になるのはあの時俺は誰と話しをしていたのかということ。

あれから何年も経つが未だに答えは謎のままです。

     




    オススメサイト新着記事