これは幼馴染との体験です。
door-731505_960_720

仮にHとします。

このHは霊感が強くこれから先も色々あったのですが。

Hの家は旧家で木造平屋です。

正面に庭はなく家の後ろに庭がありました。

私達は中学になり自分の部屋を持ちました。

Hの家は部屋が余っていなかったため
裏の庭に増築されました。

「部屋ができたから遊びに来いよ!」

と言われ遊びにいったのですが
何か重い空気を感じました。

Hは部屋を持てることに喜んでいたので
そのことは言わなかったのですが帰り際に一言。

「ここってなんか変じゃない?」

そのときは私も変だと感じたとは言わず
気のせいだよと言い帰りました。

翌日Hは学校でも元気がなく
帰りたがりませんでした。

私の部屋で遊んでいるとき
(SFのマリオをやってたと思う)にこういうのです。

「幽霊って信じるか?」

と。

私が父の実家の話をしたら

「出るんだよ。新しい部屋に
最初は夢かと思ったけど違うんだ
部屋の角の机に赤ちゃんを抱いた女の人が立ってるんだ」

私は震えました。

Hは普段はひょうきん者でクラスの人気者ですが
この時は本気だと感じました。

Hの親は増築までして与えた部屋に
文句を言うなと怒ったそうです。

その晩Hの家に泊まることにしました。

以前からよくやっていたので
Hの親もOKしてくれました。

すごく怖かったけど
Hの必死の頼みを断れませんでした。

その晩は二人で楽しく過ごすことが出来
Hの言っていたことを忘れてるほどでした。

12時頃寝たのですが
恐らく2~3時くらいでしょうか。

Hが苦しみ出したのです。

気がついた私はHの親を呼びに走りました。

部屋に戻るとHは寝転んだまま目を見開いて
部屋の角を凝視しているのです。

机のある場所を。

私や親に気がつくことなく
恐怖を浮かべずっと。

私が机を見てもなにもありません。

親も同様に何も見えてないようでした。

Hを必死に呼び続けるも
目を見開いたまま微動だにしません。

何か言おうとしているようですが
全く聞き取れません。

尋常ではないと思ったのか父親が
Hを抱き部屋を出ようとしたそのときです

赤ちゃんの鳴き声が。

両親と私は足が止まりました。

動こうとしても足が動かないのです。

叫び声を上げたくても声がでません。

それから数十秒でしょう。

泣き声が聞こえなくなると動けるようになり
私達は部屋を飛び出し
家の明かりを全部点け居間に居ました。

Hは気を失っており、
両親は会話することなく呆然としています。

Hが起きたときは明け方になっていました。

その後詳しくは教えてもらってませんが
部屋は壊され応接間を部屋にあてがってもらってました。

裏庭には怖くて行けなかったのですが
一度だけ御札と神棚?らしきもを見たことがあります。

H曰く、あのときは恐怖でパニックになったけど
今なら危害加えてこない限り平気だと。

     


    オススメサイト新着記事