一、この話は創作
ニ、振り返ることは許されない
三、最後まで見る事
work-731198_960_720
 
雨の日、やることもなく男はパソコンをいじっていた。

仮に男をAとしよう。

Aは引きこもりをしている。

容姿はいたって肥満だ。

そんなAもついにやることがなくなってしまった。

はたしてとりえも才能もないAは恐い話を検索した。

Aはオカルトには興味は無い男だった。

そんなAだからこそ
心霊現象など信じはしない人の一人だった。

検索すると何千とヒットする。

Aは検索数の高い話を次々と見ていった。

何時間とブラウンカンと睨めっこをし、
ついには厭き始めてきたA。

そんなAはある一つの話を目にする。

どこにでもありそうな掲示板の一つの書き込み。

そこにはどこにでもありそうな恐い話しが書いてあるだけだった。

しかし、一つだけどの話とも違うのは一番下に

「一、この話は創作
ニ、振り返ることは許されない
三、最後まで見る事」

と書いてあることだった。

それを見た瞬間Aは寒気を感じた。

窓の外では雨が酷く降り続けている。

視界の端では女が笑う。

Aはもう一度書き込みを見た。

「一、この話は創作
ニ、振り返ることは許されない
三、最後まで見る事」

Aは突然振り返りたくなった。

この書き込みの意味する物は何だろうか。

妙な好奇心のせいか身体が震えてくる。

雨は今も尚降り続ける。

Aは振り返った。

何も無い。

いつもの自室だ。

視界の隅では女が哂う。

パソコンをもう一度見る。

すると、書き込み欄に異変が起きていた。

「一、この話は現実
ニ、過ちを知る事
三、最後まで観る事」

視界の隅で雨が降っている。

女は恐怖に顔を歪ませる。

幾度と無く刺し幾度と無く切る。

Aは理解した。

この話は、俺自身の話だ。

Aはパソコンの電源を切った。

布団に駆け寄る。

記憶が何かを探ろうとしている。

思い出すのに怯えている自分がいる。

ふいに布団から顔を出した。

視界には女が哂っている。

雨の日、男は女を殺していた。

男の名はAだ。

忘れようとしていたのに。

Aは目の前にあの日の画面が蘇る。

掲示板に書かれていたあの話は、
一体誰が書いたんだ。

Aは最後の文を思い出した。

「三、最後まで観る事」

今、Aの前にはあの日の女が居る。

違うのは、体中に刺し傷や切り傷があることだ。

高らかに女は哂う。

視界の隅で雨が降っている。

一、この話は現実
ニ、過ちを知る事
三、最後まで観る事

     


    オススメサイト新着記事