俺のばあちゃんの家はかなりの田舎にある。
sunset-64491_960_720

というか、島。

家から港まで車で6時間、
そこから船で2時間かけないと行けない。

それでも、小学生のときとかは楽しみだった。

今ではただ遠いとしか感じなくなってしまったけど、
夏と冬、1年に2回は行く。

向こうには、
2つ年上のイトコの姉ちゃんがいて、
よく2人で遊んでた。

姉ちゃんは泥汚れとか全然気にせずに、
森の中で遊んだり川に入ったりと、
俺の面倒を見てくれていた。

大体、向こうには一週間ぐらい居た。

そんで、なぜかは忘れたけど、
その日は一人で遊んでた。

今でも何でその日だけ
一人だったのかは覚えていない。

まあいろいろ一人で何かして遊んでたと思う。

やがて夕方になり、
日も落ちかけてくると周りはとても暗くなる。

そろそろ遊ぶのをやめて帰ろうと思ったら、
小橋の近くにある電灯の下に姉ちゃんが居た。

後ろを向いて立ってて、
電灯にもたれ掛かる様な感じで。

姉ちゃん迎えに来てくれたんだ~、
と思って近づくと、そいつが振り向いた。

そいつのあまりの不気味さに足が一瞬で止まった。

なんつーか・・・
目、鼻、口は福笑いみたいな、
とってつけたような薄いパーツで、
皮膚が見たことも無いぐらいツルツルだった。

姉ちゃんと似ていたのは髪形だけで、
あとは化け物以外の何でもなかった。

一番キモかったのは、唇。

ぎゅっと固く結ばれた唇が、
ノイズみたいに不規則に折れ曲がりながら動いていた。

「MWMW」 ←分かりにくいけどこんな感じ。

そこからは考えよりも体が先に動いて、
猛ダッシュ。

死に物狂いでばあちゃんの家まで走った。

家に着くと姉ちゃんがのんきにスイカ食ってた。

今さっきの事を話したら、

「そんなん知らんww」

「今日は隣の家の引っ越し手伝ってた」

「お前だけサボりやがってww」

みたいな事と言われてヘッドロックかけられた。

まあ、そんなことはそれ一回だけだったけど、
今でも姉ちゃんと会ったら聞いたりする。

「あの日、本当にあの電柱の下には居なかった?」

って。

そのたびに

「知らんww」

って言われるけどね。

だって、忘れようにも忘れられないんだよ・・・
あのノイズの唇が特に。

     


    オススメサイト新着記事