こたつでぽ~っとしてついつい寝てしまいました。
feet-1291554_960_720

ふと目が醒めると電気は消え真っ暗になっていました。

こたつ布団に肩まで入った状態で寝ていたため
出ようともがくとすねに何か当りました。

足です。

そう言えば、
くだらないテレビを妹と一緒に見ていたんだ。

一気に腹筋に力を入れて起きあがり、
妹の肩をたたいて起こしました。

妹は眠そうに起きると、
何も言わず二階に上っていきました。

風呂から上がって水を一杯飲みながら、
テレビをつけるとスポーツニュースがやっていました。

風呂から出たばかりは暑いため、
こたつには入りませんでしたが、
後から入る時に冷たいのは嫌なので
スイッチを弱にあわせておきました。

サッカーのダイジェストニュースが終わり、
次は見たかったプロ野球です。

そろそろ寒くなってきたなと思い、
こたつに入るとこつんと足に当りました。

妹がいたずらして入っているのかと思った瞬間、
はだしの足が氷に包まれたように冷たくなりました。

足を引きぬこうともがこうとすると、
足に鋭い痛みが何度も走りました。

息が止まるほどの恐怖を感じ、
全力で足を引きぬこうとしますが、
まったく動きません。

足の痛みが尋常ではなく、
冷や汗をかいてきました。

足首から先の感覚はなく、
痛みはだんだんすねのほうに上がってきていました。

たまらずこたつ布団を上げて中を覗き込みました。

しかし弱にあわせたこたつの光ではよく中が見えません。

私はこたつのコントローラーに手を伸ばし
「強」につまみを合わせ布団を上げようとすると…

目前に青ざめた初老の男の顔が浮いていました。

どう見ても、首から下が無いのです。

男は数秒、私と目を合わせると振りかえりました。

その時です一番恐怖を感じたのは…
男の頭はブランと何かからぶら下がっているようでした。

目を凝らすと、それは腕でした。

男の顔は手首の代わりに腕から生えていたのです。

それを見て私は気を失いました。

朝、足を見てみるといくつもの歯型がついてました。


     


    オススメサイト新着記事