本当に怖かった僕の話。
spring-swing-1532069_960_720

小学生時代の頃、
一緒に遊んでいた男の子がいました。

その子は家が隣で、
幼馴染ということもあり、
僕が一番親しくしていた子でした。

小学校三年生の夏休み前に、
その子はお父さんの都合で
神奈川県に引っ越して行きました。

しかし僕の隣家には
おじいさんとおばあさんしか
住んでいなかったそうです。

一緒に撮ったはずの写真には
僕一人だけが写っています。

一緒に下校したり、
ゲームをしたこともあるのに、
父や母はそんな子は知らないといいます。

彼は幽霊だったのでしょうか?

多分、それはないと思います。

触れることもできましたし。

いや、僕が信じたくないだけですが。

それともパラレルワールドに行ってしまったのでしょうか。

僕か彼のどちらかが、各々のいない世界に。

怖いというよりは、
幼い頃の友達は一体何であったのか、
それだけが気にかかります。

     


    オススメサイト新着記事