結構前になります

冬の深夜の事。
doorknob-948568_960_720
 
布団を頭から被って寝ていました。

かなり寒く体を横向きにして縮こまるようにし、
部屋のドアに背を向けていると、
突然音もなくドアが開きました。

布団を被ったままでも
空気の流れで開いているのは感じましたが、
おかしいなと思いました。

というのは私の部屋はドアの建て付けが悪く、
開くと音が鳴るんです。

しかし音が鳴りません。

確認しようと起きあがろうとした時、
寒気が体を走り抜けました。

「ダレカイル!?」

背中&布団越しですが、
凄い視線を感じます。

ジッとこちらを覗いているみたいです。

体は硬直状態になり、
とりあえず念仏を心の中で唱えました。

何分くらいそうしていたでしょう。

音もなくドアが閉まりました。

相変わらずスッと閉まったようですが、
最後にノブが回った音がしました。

しばらく耳を澄ましましたが
階段の音も聞こえず、
家の誰かでもないみたいです。

ゆっくりと布団から顔を出し周りを見ると、
変わった様子もないんですが
電気の紐だけが揺れていました。

時計は3時ちょいすぎ

変な汗かきながら体を起こし、
息をはいた瞬間……

ガタガタガタガタガタガタッ!

強烈な地震がきました

そして強烈な耳鳴り

咄嗟に布団の中に再度潜り、
じっとしていると揺れも鎮まり、
静寂に包まれました。

家の誰かが起きてくるかと思いましたがなにもなく、
私もそのまま寝てしまいました。

翌朝、家族に地震のことを聞いてもなかったとの事。

あれはなんだったんでしょうか?

     


    オススメサイト新着記事