俺は小4、妹は小3、
2人部屋の2段ベッドで寝てた。
bed-linen-1149842_960_720
 
部屋にはベッドの横に通路を挟んで
机が2つ並んであって、
枕元には小さなタンス、
その向かいにドア、
足元のほうに窓があった。

季節はちょうど今くらい、
部屋にクーラーがなかったから寝苦しい夜だった。

下のベッドで寝てた俺は、
あまりの暑さに目が覚めた。

ドアのほうにある掛け時計を見ようと、
寝ている体制のまま左を向いた。

暗くてよく見えない。

目を凝らしてみてみると、
ドアが2、30センチくらい
半開きになっていることに気づいた。

影がいた。

暗くてよく見えなかったが、
暗闇に溶けるように薄暗いドア、その隙間から、
それ以上に真っ黒な顔らしきものと、
ドアを掴んだ指先らしきものがそこにあった。

そのとき俺は、
顔も確認できないその影を妹だと思った。

「おい○○!早く寝ろよ!」

返事はない、
そのなんとも言えないその影とにらみ合った。

すると、突然影が点滅して、消えてしまった。


不審に思った俺はベッドから起き上がって、
ドアのほうに向かった。

ドアを完全に開けてみる。

誰もいない。

時計をみると、深夜1時すぎ。

上の段にも妹は確認できた。

隣部屋で寝ている両親のもとに言ってみる。

2人とも寝ている。

「…、寝ぼけてたんかな。」

寝起きで頭がボーっとしていたこともあり、
それほど深く考えずにベッドに戻った。

そしてまた睡魔が襲ってきた。

…。……。

…、目が覚めてしまった。

相変わらずすごい汗をかいている。

ただ、寝汗ではない。

それとは種類の異なったいやな汗だ。

怖かった。

なぜだかはわからなかったが、
恐ろしく怖くなった。

みたくない。みたくない。みたくない。

左の後頭部がしびれるような感覚に陥った。

みたくない。

けど、俺は見てしまった。

ドアのほうを。

完全に開かれたドア、
そこには暗闇よりもさらに濃い影がいた。

座っていた。三角座り、
体育座りのようにみえた。

視線が動かせなかった、
みたくないのに。

頭と思われる所、
後頭部からなにかか出ていた。

棒状なもの。

…。……、ポニーテール。

上の段で寝ていた妹が寝返りをうった、
ベッドが軋む。

声を洩らした、
その瞬間に影は消えてしまった。

     


    オススメサイト新着記事