今までいろいろなことがありましたが、
そのなかでかなりびびったやつをひとつ。
hands-1518075_960_720
 
あることが起きて、(あることは話長くなるのでカット)
それから手の下の真ん中辺りが何かに押されてるみたいに、
ずきずきしはじめました。

ずきずきするのはなぜか決まって夕方。

朝は全然平気でした。

今、考えてみれば
時間帯が決まっていたような気がしなくもないです。

たかがずきずきするぐらいと思うかもしれませんが、
なんとも言葉で言えないような不快感がありました。

他にもよく首に不快感を感じ、
自分の首を誰かにさわられてるような感じが、
ほぼ毎日のようにありました。

初めのうちは、今までいろいろあったし、
すぐにおさまるだろうと思っていたのですが、
それが5ヶ月も続いたのでお払いに行くことにしました。

事前に電話して来る時間を言ったというのに
私服で出てきた神主さん…

やる気ねえ~と思いながらも、
しかたないのでしばらくの間境内をうろうろ。

しかし、しばらくして朝だったというのに、
手の下のところがずきずきしはじめました。

今までのと違い、かなり痛かったので、
これからお払いするって、
こいつ分かってんのかなと思いました。

そして、やっと神主さんがきて
お払いをしてもらいました。

お払いをしてもらってる途中、
手の痛みがのたうちまわるように、
いろいろなところに移動しましたが、
最終的には何かに引っ張られるように消えました。

これで終わりならいいんですがね、
本番はこれからです。

びびりな俺は、
神主さんにお払いしてもらった後にもらったお守りを握りながら
毎日寝てましたw

そして、お払いから1週間程たった日のこと、
その日は普通に寝ていたのですが、
急にものすごい寒気がしました。

この時の寒気は本当に忘れられません、
まるですっぱだかで真冬の夜の外にいるかのようでした。

夏のむし暑い日だったというのに。

なんでこんな寒いんだと思い、
起きあがろうとしても体が動かない。

金縛り?

目を開けてみると、
暗かったので曖昧なんですが片目が髪で隠れた、
男か女かわかんないような顔がこちらを見ていました。

憎しみのこもったような目でした。

やばいやばいと思いながら体を動かそうとしました。

そしたら、動く箇所がありました。

お守りを握っていた右手です。

なぜかひじはあがらないというのに、
右手の指だけ動きました。

この時は、本当に無我夢中でしたから、
今思えば馬鹿らしいんですが、
助けてくださいと、心の中でいいながら、
お守りを強く握りました。

すると、右手からまるで血が流れるかのように
生暖かいようなものが全身にまわってきました。

本当にこの生暖かさは心地のよいものでした。

そして、体が楽になりました。

しかし、その直後、自分は何もしようとしていないのに、
上半身が勝手に起き上がり、

「ああぁあぁああああああああぁあああああ」

と自分で言っていました。

あまりにも恐かったので、
その日は眠ることができませんでした。

ちなみに、金縛りの時目を閉じることができなかったので
顔をずっと見ていましたが何かつぶやいているようでした…

それから、2ヶ月程音沙汰なしだったので、
すっかり顔のことも忘れかけていた。

しかし、また不思議なことが起こった。

夜中ベットにはいって漫画本を読んでいたら
急にガタガタ揺れだした。

地震かと思い、
テレビをつけて10分ぐらい見てみるも速報はなし。

普通に震度3ぐらいはあったと思うんだけどなと思いながらも、
その日は就寝。

次の日学校に言って友達に昨日地震あったよね?
ときいても、皆なかったと答えた。

この日もベットで漫画本を読んでいたら
同じ時間帯に揺れだした。

昨日より少し強かった。

これは完璧地震だ。

最近地震多いなと思いながら、
テレビをつけてみるも速報なし。

計測器壊れてんのかと思いながら、
その日も就寝。

次の日また友達や親に聞いてみるも
地震なんてなかったとのこと。

家がぼろいからなんてこともないし、
なんなんだろなと思いながら、
その日の夜はベットで横になりながらテレビを見ていた。

この2日間、揺れた時間帯が刻一刻と近づいてくる。

テレビの時間が12時30になった時、揺れだした。

今までより強く。

そして、今まで大丈夫だった左手の下のところがずきずきしはじめ、
金縛りから起き上がった時に自分が言った

「あああぁああぁぁああああああああ」

というかすれた様な声が聞こえてきた。

また、あいつが出んのかよと思ったが、
すぐに揺れもおさまり、声も聞こえなくなった。

もちろん、テレビで地震の速報などやらなかった。

それから、なぜか次の日から揺れがなくなった。

やっとあいつが消えたかと思った。

けれど、その日から4年たった今でも
以前より弱々しいのだけれど、左手の下のところが痛む。

これは、なんなんだろか?

この4年の間にあったことといえば、
自転車同士の事故3回、死にかけ8回程、
足つかまれたりかな。

やっぱ俺のこと殺そうとしてんかな……

きっかけになったことは俺が悪いわけじゃないんだが…

     


    オススメサイト新着記事