お前ら、夜の山道をドライブするときは
絶対にライト消すなよ。
shutterstock_288685943

いつも暗闇を走るのが好きで、
夜中に山道をのんびりと走るんだけど、
走ってる途中で、一瞬だけライト消して

「うわ!暗れぇ!」

ってやるのが好きなんだ。

それで去年の盆に、渋滞避けるため、
夕方、山道を通って実家に向かってた。

だんだん暗くなってきて、
21時ぐらいになったら、山は十分に暗く怖い。

そこでいつものようにライトを一瞬消して、
暗さを楽しもうとした。

カチ・・・カチ・・・

とライトを消してすぐにつけた。

そしたら、消してつけて、明るくなる瞬間、
フロントガラスに何かが飛び込んできた。

もちろん座席やミラーを見ても誰もいない。

そこでなんとなく、
また一瞬ライトを消してみた。

カチ・・・!!!!・・・・カチ!・・・

一瞬暗くなった車内で、
何か黒いもやもやした人間の形をした何かが隣に座ってた。

ライトをつけるともう見えない。

あわてて道路脇に停車して、
もう一度やってみた。

カチ・・・こっち見てる!!!

・・・・カチ・・・ブォン!!!

速攻でライトつけると同時に急発車。

大急ぎで山を下って国道にでた。

周囲も明るくなって、

「もうおk」

と思って、もう一度。

カチ・・・!・・・カチ・・・こっち見んな・・・・・

なんかライトを消すっていうのがやばいみたい。

大急ぎでファミレスに行って、
エンジンきって、ライト消した瞬間に、
ハリウッド映画よろしく転がり下車。

朝までファミレスに居て、
明るくなってから実家に戻った。

それからすぐに車の御祓いに行った。

大丈夫みたい。

車が特殊って言われたよ。

とにかく、山道で明かりを消すのは
隙ができるみたいでお奨めしない。

特に、道祖神が多くあるような地方では、
こういうことがよくあるらしい。


     


    オススメサイト新着記事