実家がお寺のMさん。
laundromat-928779_960_720

商売柄?か、
小さい頃から結構不思議な体験も多かったらしい。

「今は実家を出ちゃって、
お寺はアニキに任せてるんだけどね」

女子高に通っていた頃、
家がお寺という異色なキャラの彼女には
その手の相談が多かった。

お寺にあるお札を使って、
勝手にお払いの様な真似事をしていたという。

お払いの仕方など当然知らない彼女のやり方は、
恐い体験をしたって相談を受けた時に、
お札を渡して以下のように言うだけだった。

「その場所にお札を持って行って自分の名前を書いて来て。
そしたら私が預かるから」

一枚千円でちゃっかりとバイト代も稼いでいた。

修学旅行の時だった。

当然の様に夜になると
Mさんに相談する人が部屋に集まってくる。

その時は、イタズラ半分に肝試しに行ったという
仲良しグループ4人の相談だった。

親身に相談にのってあげ、
持ってきたお札を渡した。

違う学校に通ってるという人の分も含めて5人。

「一晩で5千円でしょ。
良いバイトよね。彼女達も安心だし」

旅行から帰って次の日曜には、
5枚のお札が戻ってきた。

彼女なりに“供養”と称して
お札は寺の裏にある焼却炉に入れて
燃やしていたそうだ。

そんなある晩の事。

洗濯しながら部屋で漫画を読んでいたMさんは、
洗濯機のガタガタいう大きな音を聞いた。

「よく洗濯機に一杯詰め込みすぎちゃうと、
ガタガタって振動するでしょ?
ドラムが廻らなくなっちゃって」

溜まっていた洗濯物を一回で洗おうと、
チョッと詰め込みすぎたかな、と思いながら
庭に有る洗濯機を開けた。

その中には生首が5個入っていた。

「ぎゃっ」と悲鳴を上げて
Mさんは両親を呼びに行った。

両親と洗濯機を覗くと、
生首は消えていた。

Mさんは例のお札をポケットに入れたまま、
洗濯してしまったのだという。

両親にバレたMさんは、
メチャクチャに怒られた。

当然、お札のバイトはそれ以来止めたそうだ。




    オススメサイト新着記事