小さな出来事なのですが、
私が中学校の時です。
photo-camera-219958_960_720
 
違うクラスのOさんと友達になり、
学校から近い彼女の家に寄り道をしていく事になったのです。

古い平屋で、昭和50年代の横浜では
それほど珍しいものではありませんでした。

彼女の部屋に入る前に、
仏壇のある和室でジュースを出され、
Oさんが部屋を片づけるまでそこで待つことになり、
暫くその部屋を見回したりジュースを飲んだりしていました。

その時、ふと仏壇に置かれている
数枚の写真が目に入ったのです。

小さな写真立てに入れられたそれらは、
どの写真も数人が椅子に座って写っている記念写真のようでした。

背景には何も無く、
写真屋で撮ったとおぼしきものばかり。

しかし、その中心にいた人物の周りには
大量の人間の顔がこちらを向いて写っていたのです。

恐怖するよりも、
何故こんなに顔が?と私はしげしげと眺め、
あまりにも堂々と飾られていたせいか、
心霊写真と思わず、どういう写真なのだろうと
不思議に思うばかりでした。

暫くしてOさんがやってきて、
仏壇の前の私を見て不審そうに

「何してるの?」

と声を掛けてきました。

「沢山写真があるなあって思って…ご先祖の人の写真?」

「うん。これはね、おじいちゃんで……」

彼女は写真の説明を始めました。

しかし真ん中にいる
『被写体』の説明ばかりです。

私は何となく、
周りの人の事は聞いては行けないような気がして、
それを聞くことはできませんでした。

その後、あまり長居をせずに帰宅したように思います。

何をして遊んだか覚えてません。

一刻も早くここから出たいとしか頭になかったのです。

家に着いてから恐怖心というものが沸いてきました。

あれがいわゆる心霊写真というものか?

やっとその発想に辿り着き、
同時に何故そんなものを仏壇に飾っていたのか?

そして…

それが私にしか見えていなかったとしたらどうしよう…

それは私が霊能力があるとかいうのではなく、
私の頭がおかしくて見せた幻だったらどうしよう……
といった気持ちが強くなり、誰にも言えないままでした。

あれから30年。

私の記憶の中には無数の顔が浮いていたモノクロ写真は
鮮やかに焼き付いています。

その十年後に一日だけ見えないモノが見える日があり、
あれはその産物だったのかもしれないと
今では思っています。

     


    オススメサイト新着記事