胎教って知ってるか?
k7-1361688_960_720

S.T.って心霊学者がな、
そいつはどうしても心霊の存在を証明したくてな?

同好ってことで結婚した同じ心霊マニアの妻に、
自作の胎教用テープ(音声)を渡して、
27歳なんてまだ若い盛りに自殺したんだよ。

もちろん中身は洗脳テープみたいなものだ。

で、妻はな?

赤ん坊に暗示をかけることで、
夫の魂が入りやすくなると信じてうたがわなかった。

それを生まれるまで、
毎日欠かさず聞かせてたんだと。

もっとも彼らの目論見は外れて、
その子は喋れるようになった後も普通の子。

妻は勿論期待してた。

おばさんになった私を愛してくれるかしら、
なんて日記に記すほど、信じ込んでた。

でも、その子が十歳になるまで、

何度となくあなたは誰?
と問い詰めても何の兆候もないと、
さすがに諦めた。

で、終いに。

息子は自殺した。

暗示をかけて憑依しやすくするはずのテープは、
全てが無駄だったわけじゃない。

「俺は27歳で死ぬ」の一フレーズだけを
正確に催眠誘導したんだ。

その一文は、

「俺は27歳で死ぬ、おまえを捨てて済まない。
けれど俺は学問の為に成果をどうしても残したい。」

っていう狂学者なりのその子への懺悔だったのに。

音楽が心理に与える影響は実証されて久しい、
おまえら悪い事は言わないから、
変な曲は孕んでる時には聞くなよ。

ちなみにその後、妻はというと。
夫と同じ末路をたどった事を、悲しみもせず。

「夫の魂がこうさせた!
あの子の中にあの人がいたのよ!」

って狂喜乱舞。

胸を張って、心霊学会に報告した。

ところが、ある種カルトな集団である彼らにも。

これが単なる催眠で、
しかも間接的な殺人だっていうのは
テープ聞けばわかったらしいのよ。

一文を何度も繰り返す、
洗脳用テープの構造だったからな。

結局、学会誌に載ることもなければ、
取り上げられる事もなく。

馬鹿な妻は夫と同じ事をやろうとして、
妊娠した姪に同じようなテープを送りつけて自殺。

ま、姪はテープをあっさり焼き捨てたそうだがね。

     


    オススメサイト新着記事