unnamed (78)

べつに信じてもらわなくてもいいんですが結構心霊には縁があります。 

長崎県S市出身なのですが、家の近くの崖の上に建っているビジネスホテルの社員寮を見上げながら、小学生~中学時代登校していました。 

ある日の夜、その寮の陰から焼け爛れた顔のおじさんやおばさんがこっちをにらみつけているのに気づきました、

数回見てしまい怖いので親にも話したのですが、笑われて終わりでした。 

高校生になり、少々冷静な判断も出来るようになると、あの頃は思春期で、いろいろ不安定な面もあったのだろうなどと大人ぶっていました。 

ある日、その寮が火事を出し、2人の死者を出しました。寮は取り壊され、崖も機械で崩されたのですが崖の中からコンクリートで固められた防空壕が出てきたのです 

防空壕からは、頭巾をかぶった男女と思われる白骨が出てきました。大空襲で亡くなったあと、なぜかそのまま塗り固められたのですね 

おじさん、おばさんはきっと出して欲しかったのでしょうね人を2人も道連れにしてまで、なにか言いたい事でもあったのでしょうか? 

でも、成仏はしてないようです。また見ちゃったんですよ

ちなみに、この場所はS市(といえばわかりますよね)の体育文化舘のすぐ横です。いまも削られた崖に、防空壕のあとが残ってます。お近くの方はいって見ては?


オススメサイト新着記事