unnamed (81)

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。 

母は認知症だった。
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。

そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた。 
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない。

何の気も無しにテーブルを漁ると、
ハサミでバラバラにされた幾つかの
カレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた

母はどんなに呆けていても、
私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…
私はショックを受けた。
私は感傷とともに並べられた日付を整理した。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気がつき、
他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ。
今日から五年振りの父の手料理が食べられる。

感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした。


オススメサイト新着記事