「うわ!」
連れの昭二が突然声を上げた。
unnamed
続きを読む